コモ ビーチクラブ プーケット ナカヤイ島

コモ ビーチクラブ プーケット

コモ ビーチクラブ プーケット 概要

コモ ビーチクラブ プーケット (COMO Beach Club Phuket)は、ヤム岬にあるお洒落な隠れ家リゾート コモ ポイントヤム プーケット が直営するビーチクラブです。プーケット島東岸の岬の先端に建てられたコモ ポイントヤム プーケットには、残念ながらビーチはありませんが、パンガー湾に浮かぶナカヤイ島にリゾート専用のコモビーチクラブがあります。ビーチクラブまでは、車とスピードボートで約30分かけて移動しますが、宿泊ゲストであれば、移動費もすべて無料です。ビーチクラブには、プール、スパ、レストラン、カバナなどがあり、素朴な離島のビーチで一日中快適に過ごすことができます。

コモ ポイントヤム プーケット

プーケット東岸のコモ ポイントヤム プーケット

ナカヤイ島

プーケット島東岸のパンガー湾に浮かぶナカヤイ島

ビーチクラブへのアクセス

コモ ビーチクラブ に行きたい場合は、前日までにホテルのフロントで予約をする必要があります。1日に2回往復便があり、午前中にホテルを出発してビーチクラブで昼食をとり、夕刻までに帰ってくるパターンとなります。出発時間にロビーに集合し、ホテルのバンに乗り、車で20分ほどの場所にあるアオポーマリーナに向かいます。

アオポーマリーナ

ヨットやクルーザーが停泊するアオポーマリーナ

山の中の田舎道を走っていくと、豪華なヨットやクルーザーが停泊するアオポーマリーナが見えてきます。アオポーマリーナで車を降りて、海沿いの桟橋を歩いてホテルの専用スピードボートに乗り込みます。船に乗っている時間は5分ほどですが、美しい海とマリーナの景色が爽快で、テンションが高まってきます。

コモ ポイントヤム ボート

ホテル専用のスピードボート

島に到着すると、ビーチからかなり離れた沖合で船を降り、長いフローティング桟橋を歩いて島に上陸します。この桟橋は海に浮かんでいて揺れるので、少しどきどきしましたが、そもそも船が停泊できないくらい遠浅なのでそれほど心配ありません。ホテルからビーチクラブまでの30分の移動はあっという間で、遠足気分も味わえます。

コモ ビーチクラブ プーケット

水に浮かぶ桟橋を渡ってナカヤイ島に上陸

ビーチクラブの施設とサービス

コモビーチクラブは、ビーチのそばにあるデイベッドのほか、スイミングプールやレストランも備わっています。もちろんシャワールームもトイレも完備しています。離島トリップは楽しいけれど、設備面では苦労することも多いのですが、コモビーチクラブでは、そんな心配はありません。

コモ ビーチクラブ プーケット

設備の整った快適な離島のビーチクラブ

デイベッドは海が一番よく見えるビーチフロントが人気です。数に限りがあるので、島に到着したらすぐに自分の席を確保しましょう。お水やおしぼりをサービスしてくれるほか、デイベッドのそばには、足の砂を洗う水瓶もタオルも用意されていて、至れり尽くせりです。

コモ ビーチクラブ プーケット

ビーチフロントのデイベッドが人気

また、屋根のついた快適なカバナルームを利用するのもいいでしょう。プールの後ろ側には、熱帯植物の生い茂る丘があり、丘の斜面にわらぶき屋根の東屋風のカバナがいくつか建っています。プールに近い海の見えるカバナが最も人気ですが、ドリンクや食事のミニマムオーダー料金が設定されています。他のカバナは特に料金の設定はありませんが、森の中にあるので景色はよくありません。また、スパ専用のカバナや遊び場のあるキッズ向けのカバナまであります。

コモ ビーチクラブ プーケット

丘の斜面の森にはカバナやスパやキッズクラブがある

レストランでは、ドリンク類のほか、タイ料理や西洋料理の簡単な軽食が注文できます。特別なメニューではありませんが、離島なのにここまで準備してあるというのは、ある意味贅沢といえます。 コモホテルグループはスパのクオリティの高さが有名なので、個人的にはスパサービスを楽しみにしていたのですが、ビーチクラブではボディマッサージなどの限定的なメニューしかなく、しかも私が行った日は男性のセラピストしかいないと言われたので、結局利用しませんでした。

コモ ビーチクラブ プーケット

快適なカバナルームの内部

プーケットには現在ビーチクラブがたくさんできてとても人気です。たいていはDJがいてお洒落でノリのいいBGMを大音量でかけていたりします。でも、コモビーチクラブではBGMは一切ありません。でも、お洒落なコモホテルのビーチクラブですから、素朴な自然の中で、静かな大人のビーチタイムを楽しむことができます。

コモ ビーチクラブ プーケット

自然にあふれた素朴なビーチクラブ

コモビーチクラブのあるナカヤイ島

コモビーチクラブのあるナカヤイ島は、プーケット島の東側にあるパンガー湾に浮かんだ小さな島です。この島にあるザ・ナカというラグジュアリーなリゾートホテルが有名ですが、それ以外にはあまり話題になっているのを聞いた事がありませんでした。

ナカヤイ島ビーチ

ナカヤイ島のビーチは予想以上に綺麗だった

プーケットの有名なビーチは、すべて島の西側にあります。反対に、島の東側はマングローブの木が生い茂る沼地が多く、ビーチはあまりありません。そのため、ナカヤイ島のビーチと聞いても、それほど期待はしていませんでした。ところが到着してみると、想像していた以上に海がきれいだったので驚きました。コモビーチクラブ以外にも、ビーチクラブが3つも出来ていて、新たな観光スポットになりつつあるのでしょう。

ナカヤイ島 ビーチクラブ

コモビーチクラブの隣にある別のビーチクラブ

但し、午後になって干潮とともに海の水が引き始めると、水が引いた後に見えてきたのは、なんとドロドロの地面で、ちょっとショックでした。やっぱり砂のきれいな西側のビーチの美しさには及びません。ナカヤイ島に行く場合は、干潮の時刻も事前にチェックしておくといいかもしれません。

ナカヤイ島 ビーチ

干潮時のビーチは美しくない

プーケット ビーチクラブ おすすめ 6選を見る

プーケット ビーチクラブ おすすめ 6選

コモビーチクラブ プーケット

コモ ビーチクラブ プーケット の基本情報
COMO BEACH CLUB PHUKET

場所:プーケット東側にあるパンガー湾上の離島
営業時間:10:00〜15:00
アクセス:コモポイントヤムプーケットから車で20分の
     アオポーマリーナヘ移動し、マリーナから
     ホテル専用のスピードボートで約5分
料金:宿泊ゲストは無料
   外来ゲストは一人2800バーツ(移動費込み)
予約方法:前日までにフロントレセプションで 

コモ ポイントヤム プーケットの宿泊料金をチェック
コモ ビーチクラブ プーケット のマップ