スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ

Supanniga Dinner Cruise

 

人気タイ料理店スパンニガー直営のお洒落なディナークルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ は、バンコクの人気タイ料理レストラン「スパンニガー イーティング ルーム」が直営する、チャオプラヤー川ディナークルーズである。リバーサイドの王宮や暁の寺など、バンコクの有名な観光名所を船の上から見学しながら、本格的なタイ料理のディナーが楽しめる。素朴なウッド調のクルーズ船の内部には、タイの手織物のカラフルなクッションが置かれたソファ席もあり、お洒落で居心地のよい雰囲気だ。

スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガーは、もともとタイの東北地方コンケンの小さなホテルで提供していたタイ料理がルーツだ。アメリカ留学の経験を持つタイ人オーナーは、亡くなった祖母のレシピをもとに作ったタイ料理を、昔ながらの素朴さを残しながらも、現代の若い人にも好まれるようお洒落にサービスした。2013年にはバンコクに進出し、トンローにスパンニガー イーティング ルームがオープンすると、たちまち脚光を浴びるようになった。バンコク在住の外国人にも大人気のレストランとなり、今ではバンコクに3店舗を展開している。

ディナークルーズといえば、観光客向けにそこそこのタイ料理を出すという印象があって、家族や知人が観光で来タイした時でもなければ、バンコク在住者が普段ディナークルーズを利用することはあまりなかった。しかし、スパンニガークルーズが2016年末に登場してからは、スパンニガーのクルーズだったら一度乗って見たいと思った在住者も多いことだろう。

スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ

 

 

期待を裏切らない美味しいタイ料理

スパンニガーのディナークルーズは、リバーシティを出発してワットアルンや王宮を見ながらチャオプラヤー川の上流に向かって北上し、ラーマ8世橋で折り返して川を下り、アジアティークで再度折り返して、リバーシティへと戻る約2時間のクルーズだ。チャオプラヤー川沿いには、バンコクの観光のハイライトとなる名所がずらりと並んでいるが、ライトアップされた夜景は何度見ても感動するほどの美しさである。

スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ

乗船すると、お洒落なスパンニガーらしく、まずシャンパンがサービスされる。その後、前菜、スープ、メインディッシュ5種とライス、デザートと続き、最後にハーブティーとタイ菓子で締めくくる。基本的なタイ料理ばかりなのだが、食器の選び方や盛り付けに一工夫があって、可愛く洗練されているのが嬉しい。スパンニガー ディナー クルーズ ではアラカルトメニューはなく、セットメニューが一種類しかないが、在住者にも旅行者にも満足できる内容だ。スパンニガーの美味しい料理も、極上のバンコクの夜景も同時に楽しみながら、2時間があっという間に過ぎてしまうだろう。

スパンニガー ディナー クルーズ前菜  Mahor/ Kratong Tong/ Sreng Wa Pu Praduk Foo
スパンニガー ディナー クルーズスープ  Tom Kha Pla Krapong Mapraow-On
スパンニガー ディナー クルーズメイン  Moo Cha Muang/ Nam Prik Kai Pu/“Son in Law”Egg/ Yum Pla Salid/ Hor Mok Pu
スパンニガー ディナー クルーズデザート  Mango Sticky Rice
スパンニガー ディナー クルーズ食後のお茶  Traditional Thai Sweet with Organic Herb Tea

ディナークルーズ料金(Dinner Champagne Taittinger Cruise)3,250THB

 

手軽に楽しめるカクテル&シャンパンのみのサンセットクルーズ

スパンニガークルーズでは、ディナークルーズだけでなく、1時間のカクテル、又はシャンパンクルーズも運行している。時間はディナークルーズより早い時間で、ちょうどサンセットタイムになる。ディナークルーズよりも時間が短いため、運行ルートは若干短縮されているが、ハイライトの王宮やワットアルンはちゃんと見られるようになっている。日が暮れる前のまだ明るい時間には、雄大なチャオプラヤー川がはっきりと見渡せ、日が暮れて暗くなってしまうディナークルーズとは違った景色が見られるのも魅力である。

スパンニガー ディナー クルーズ
スパンニガー ディナー クルーズ

平日はカクテル、週末はシャンパンがサービスされ、カクテルとシャンパンでは料金が少し異なる。また乗船場所は、リバーシティのほかに、ワットポー近くの川沿いにあるスパニガーレストランからも乗船できるので、クルーズでカクテルタイムを楽しんだ後、リバーサイドのスパンニガーレストランで、ワットアルンの夜景を眺めながら、ディナータイムというプランもできるだろう。

カクテルクルーズ料金 (Evening Cocktail Cruise) 1,250THB

シャンパンクルーズ料金 (Evening Champagne Taittinger Cruise) 1,550THB

スパンニガー ディナー クルーズ

スパンニガー ディナー クルーズ

Supanniga Dinner Cruise

運行時間:(ディナー)毎日18:15〜21:30
(カクテル)平日16:45〜17:45
(シャンパン)土日16:45〜17:45
※24時間前までに要予約
ウェブ: supannigacruise.com
ルートマップ: 

スパンニガー ディナー クルーズ
4.3 (11 票)

Written by

Show Buttons
Hide Buttons