アバブイレブン ルーフトップバー:ナナの夜景と日系ペルー料理

アバブイレブン

スクンビット通りソイ11の屋上 アバブイレブン ルーフトップバー

アバブイレブン (Above Eleven)は、バンコクのスクンビット通りにあるフレーザースイートホテル(Fraser Suites Sukhumvit Bangkok)の屋上にあります。ニューヨークのセントラルパークをイメージした店内には、木製のクラシカルなテーブルや椅子が置かれ、紫に光るツリーが印象的です。西向きのため、ビルの谷間にとっぷり落ちる夕陽も楽しめます。バンコクではめずらしい日系ペルー料理を、リラックスした雰囲気で、夜景とともに楽しむことができます。

アバブイレブン

公園をイメージした店内には紫に光るツリーが並ぶ

アバブイレブン

西向きの店内からはサンセットも楽しめる

アバブイレブンがあるのは、スクンビット通りのナナというエリアです。この辺りは、バンコクの夜遊びエリアとして世界的に有名で、特にソイ11という細い通りにはクラブやバーがぎっしりと並んでいます。アバブイレブンは店名の通り、このソイ11にあります。コロナ前は、世界中から集まる観光客でとても賑わっていました。

スクンビット通り

スクンビット通りソイ11は有名な夜遊びスポット

私が最近行ったのは、202012月でしたが、コロナ禍で観光客もいなくなり、ナナ全体が静かになっていました。アバブイレブンも、以前は33階と34階の2フロアだったのが、現在は34階をクローズして33階のみになっていました。それでもかなりお客さんが入っていて、普段と変わらない賑やかさで、さすがに人気のあるルーフトップバーだとほっとしました。

アバブイレブン

コロナ禍でも賑わう人気のルーフトップバー

アバブイレブン

とても人気があるので事前に予約が必要


バンコク初の日系ペルー料理が楽しめる

アバブイレブンでは、景色の素晴らしさとともに、めずらしい日系ペルー料理が楽しめることでも有名です。なんとシェフは日系ペルー人とのことで、ペルー料理をベースに寿司などが南米風にアレンジされた、少しエスニックな料理です。特におすすめの料理は、ペルーの伝統料理である牛のハツ(心臓)のアンティクーチョ(串焼き料理)です。私は内臓系が苦手なので、友人が頼んだのを一口だけ味見をしてみました。濃厚なソースが絡まり、全く臭みもありませんでした。また、寿司ロールも頼んでみましたが、こちらは味が濃いめでしたが、食べやすくて美味しかったです。

ペルー料理

日系ペルー人のシェフが作るアンティクーチョ(ペルーの串焼き料理)盛り合わせ

創作ロール

少しエスニックな創作寿司、スパイシーフィッシュロール

ナナ周辺にはカジュアルなバーも多いのですが、アバブイレブンはドレスコードが特に厳しいことでも有名です。実は以前、友人がバンコクに遊びに来たので、ナナ周辺で飲んでいて、急にアバブイレブンに行こうということになりました。ホテルの入口に行ったら、なんとその友人(男性)が短パンだったことから門前払いに・・・。本当に厳しくて、取り付く島もない感じでした。私の知る限り、バンコクで一番ドレスコードが厳しいルーフトップバーではないでしょうか。アバブイレブンに行く際は、特に男性は事前に服装に注意しておきましょう。

バンコク サンセット

ビルの谷間にとっぷり落ちる夕陽


アバブイレブンアバブイレブン ルーフトップバーの詳細

Above Eleven Rooftop Bar
住所33rd Floor, Fraser Suites Sukhumvit Sukhumvit Road, Soi 11 Bangkok 10110, Thailand
営業時間17:00〜24:00 ※事前予約要
アクセスBTSナナ駅から徒歩
ドレスコード:男性はサンダル・ノースリーブ不可、男女ともバックパック不可
ウェブhttps://aboveeleven.com/bangkok/
FBhttps://www.facebook.com/aboveeleven/
アバブイレブン のマップ