Tichuca (ティチュカ)スクンビットの最新ルーフトップバー

Tichuca ルーフトップバー

コロナ禍にオープンした最新ルーフトップバー Tichuca (ティチュカ)

Tichuca (ティチュカ)は、2020年12月にスクンビット通りにオープンしたバンコクの最新ルーフトップバーです。オフィスビルの46階にあるバーは、ジャングルをイメージした立体的なデザインで、冒険心がくすぐられます。メインのバーを覆う人工的なデザインのツリーは、日没とともにカラフルなイルミネーションに彩られ、パーティー気分を盛り上げます。

Tichuca
Tichucaの幻想的なツリーのイルミネーション

ちょうど世界的なコロナ感染の真っ只中、バンコクでも2021年はほぼずっとロックダウンが続いていました。オープンしたばかりなのに、ずっとクローズしなければならなかったにも関わらず、2021年9月に営業が再開されると、たちまちタイ人の若者に大人気の最新スポットとして復活を果たしました。

Tichuca
コロナ禍にも関わらず大人気のバンコクの最新スポット

Tichuca の場所と行き方

バンコクのルーフトップバーといえば、通常はホテルの屋上にありますが、Tichuca(ティチュカ)は、BTSトンロー駅直結のT-One Building(ティー・ワン・ビルディング)というオフィスビルの屋上にあります。このビルは、2018年に出来た比較的新しいビルで、シェアオフィスで有名なWeWorkが7フロア(15-17階、20階、25-27階)に入っていることで知られています。ビルのロビーもオフィスビルとは思えないような斬新なデザインです。

T-One Building ロビー
Tichucaはモダンなオフィスビルの46階のルーフトップバー

ルーフトップバーに行くには、エレベーターでまず40階に行き、そこから別のエレベーターに乗り換えて46階まで上がります。本来はエレベーターを利用するのにオフィスビルのIDカードが必要なのかもしれませんが、Tichucaを目指してどんどん人が来るので、問題なくエレベータを使うことができました。

T-One Building エレベーター
40階でエレベーターを乗り換えて46階まで

ジャングルをイメージしたカジュアルなバー

46階のエレベーターを降りてバーに行く扉を押すと、まず目に入ってくるのは、バーの上に覆い被さるような大きなツリー。ジャングルをイメージしたというバーには、植物で覆われたオブジェがたくさん配置されています。

バーの前のスペースには、丸太や岩のテーブルや席があり、まるで公園の広場のような雰囲気です。とてもカジュアルでフォーマル感は全くありません。ドリンクを片手にたくさんの人が気軽に寛いでいます。

Tichuca ルーフトップバー
カジュアルな雰囲気のルーフトップバー

私が行ったときは、夜間外出禁止令が発出されていたため、営業時間が15時から21時までと、早い時間から営業していたのに加え、ちょうど休日だったこともあり、17時の段階でほぼ満席。座る場所がないので、しばらく立ったままでいると、ちょうど正面のバーカウンターの席が空きました。

Tichuca ルーフトップバー
大盛況で満席だが回転も早い

メインのバースペースに加え、小さな3階建てのタワーがあり、階段を上って頂上まで行けるようになっていました。階段はらせん状になっていて、階段を上りながらバンコクの夜景が360度眺められる構造になっています。

ティチュカ タワー
3階建てのタワーは冒険心をくすぐる

さらにタワーの途中にも座席があり、好きな場所で好きなように楽しめます。何よりも格好の撮影スポットになっていて、みんな自撮りに夢中になっています。

セルフィー バンコク
階段ではみんなセルフィーに夢中

タワーの頂上にも小さなバーがあり、その周囲の狭い空間にゲストが大勢集まっていました。ここからは文字通り360度の絶景が楽しめます。

ルーフトップバー
タワーの頂上の小さなバー

日没とともに点灯される幻想的なツリー

日没前の明るい時間は屋上公園のような雰囲気でしたが、日没とともにバーの上のツリーが点灯されました。カラフルで幻想的なツリーのライトアップに照らされながら、パーティー会場が一気に盛り上がります。

ツリー イルミネーション
日没とともにツリーが点灯されると雰囲気が盛り上がる

軽快なBGMと煌めくバンコクの夜景。世間がまだコロナ禍だということをすっかり忘れてしまいそうでした。

Tichuca ルーフトップバー
コロナのことなんて忘れてしまいそう

Chuticaからの夜景は、周囲のビルに遮られることがなく、爽快そのものです。ちょうど向かい側にはマリオットスクンビットホテルがあり、人気のルーフトップバー「オクターブ」の全景が見えるのも素敵です。

オクターブ ルーフトップバーオクターブ ルーフトップバー (Octave Rooftop Bar)
マリオットホテル オクターブ
向かい側に見えるマリオットホテルのオクターブルーフトップバー

大人気だが予約は不可

大人気で非常に混んでいますが、Chuticaは事前予約をすることはできません。ただしメニューはドリンクが中心で、フードメニューはおつまみ程度でほとんどありません。なので、ゲストの回転は比較的早く、少し待てば席に座ることができるでしょう。

ルーフトップバー
ドリンクが中心で食事メニューはない

フロアにはサービススタッフはほとんどいないので、自分でバーカウンターに行って飲み物をオーダーし、前払いでドリンクをゲットします。ドリンクは紙コップでサービスされるほか、パイナップルに入れた写真映えのするカクテルもあるようです。ドリンクメニューは、下記のリンクをご参照ください。価格にはサービス料(10%)とVAT税(7%)が加算されます。

https://www.wongnai.com/restaurants/tichuca-bkk/menu

コロナ禍ですっかり静かになっていたバンコクですが、Tichucaが想像以上に盛り上がっているのをみて、私も気持ちがすっかり規制緩和され、楽しい時間を過ごすことが出来ました。これから観光客が戻ってきたら、ますます盛り上がることでしょう。

ティチュカ ルーフトップバー
コロナが収束したらもっと盛り上がりそう

Tichuca (ティチュカ)の基本情報

Tichuca ルーフトップバー
Tichuca Rooftop Bar

住所:T-One Building 8, 46th Floor, Sukhumvit Soi 40, Phra Khanong, Khlong Toei, Bangkok  10110 Thailand
営業時間:16:00〜22:00
アクセス:BTSトンロー駅から徒歩2分(スカイウォーク直結)
ウェブhttps://www.facebook.com/tichuca.bkk/

Tichucaのマップ:

4.7/5 - (10 votes)