オリエンタルスパ :マンダリンオリエンタル バンコク

オリエンタルスパ

タイの伝統文化と癒しの空間 オリエンタルスパ

オリエンタルスパ (The Oriental Spa)は、タイで最も古く格式の高いラグジュアリーホテル マンダリンオリエンタル バンコクMandarin Oriental, Bangkok)のホテルスパです。1994年に開業したバンコクで最も古いホテルスパでもあります。上質なチーク材をふんだんに使用したタイの伝統家屋のようなスパには、タイ文化がちりばめられています。タイシルクの衣装を身にまとい、たおやかな微笑みを浮かべるスタッフに誘われ、タイの究極のホスピタリティと癒しを体験することができます。

オリエンタルスパ

オリエンタルスパのエントランス

オリエンタルスパ

チーク材を使用したタイ伝統家屋のようなインテリア

オリエンタルスパが開業した1994年は、タイのスパ産業の幕開けとなった重要な年といえます。現在でも国際的に高い評価を得ているタイのスパ産業ですが、その代表といえるスパであるホアヒンのチバソム、プーケットのバンヤンツリースパプーケットのバンヤンツリースパ、そしてバンコクのオリエンタルスパが揃ってこの年に開業しているからです。 その後タイは世界的なスパ大国として、世界中のセレブが訪れるスパ大国として知られるようになりました。オリエンタルスパは、タイのホテルスパの最古参であり、開業からすでに20年以上たちますが、今でもタイを代表する最高級のスパとして、タイのスパシーンを牽引し続けています。

オリエンタルスパ

ホテルから専用船に乗ってチャオプラヤ川の対岸にあるスパへ

ホテルはチャオプラヤ川沿いに建っていますが、スパは川のちょうど対岸にあります。スパに行くにはホテルの送迎船に乗ってアクセスするため、ちょっとした非日常感が感じられます。ホテルとは少し離れているため、プライバシーが保たれ、静かな時間を過ごすことができるでしょう。

オリエンタルスパ

コロニアル調のスパ専用別館


オリエンタルスパの魅力を満喫するオリエンタルスイート

オリエンタルスパは3階建ての独立したコロニアル調の建物です。船を下りて奥の方に進むと階段があり、階段を上がったところが入口です。入口でスタッフが迎えてくれて、スリッパに履き替えてから中に入ります。1階に小さな受付があり、中央の吹き抜けの階段を上がってトリートメントルームに行けるようになっています。 標準タイプのトリートメントルームが10室、そのほかにモロッコ風のラスールスイートやフェイシャルトリートメント用の部屋など、数種類のタイプがありますが、オリエンタルスパの魅力が最大限に体験できるのがスイートルームです。最も広いオリエンタルスイートは、受付の横の両開きのドアの向こうにあります。

オリエンタルスパ

館内にある美しいチーク材の階段

オリエンタルスパ

モロッコ風のラスールスイート

オリエンタルスイートは、チーク材が敷き詰められたタイらしいインテリアの空間を贅沢に使用したものです。まるで一軒家のように広いスイートは、階段のアプローチがあり、その奥にマッサージ用のマットレスが敷かれたスペースのほか、バスタブ用のスペース、スチームサウナを兼ねたシャワールームのある更衣室があります。室内の調度品や装花もタイらしく、上品で落ちついた雰囲気です。

オリエンタルスパ

受付のそばのドアがオリエンタルスイートの入口

オリエンタルスイート

ドアを開けるとチーク材のアプローチが続く、花びらで描いたメッセージが美しい

スイートを使用する場合、1時間単位で追加料金を支払うことになりますが、トリートメントの時間が1時間追加され、さらに優雅なバスタイムも楽しめます。バスはソルトバスかミルクバスのどちらかが選べます。 私はミルクバスを選びましたが、バラとジャスミンの花が浮かぶ甘美な香りのミルクバスで、お肌だけでなく、気持ちまでもしっとりしました。バスタイムには、冷たいココナツジュースとフルーツチップがサービスされます。究極のタイらしさを感じる優雅な時間が楽しめますので、スイートへのグレードアップは是非体験してみて下さい。

オリエンタルスイート使用料金 1時間当り2800THB++(約11,000円)

オリエンタルスイート

広々としたオリエンタルスイートの内部

オリエンタルスイート

スチームサウナも完備したバスルーム


タイの伝統医療をベースにしたボディトリートメント

オリエンタルスパのボディトリートメントは、タイの伝統療法をベースにしたものです。タイマッサージをはじめ、ハーバルコンプレス、トークセン、バンブーマッサージ、ソルトセラピーなど、タイ各地に伝わる伝統療法を応用し、筋肉の緊張をほぐし、体調を整えてくれます。

タイ伝統療法

タイの伝統療法をベースにしたボディトリートメント

アロママッサージもタイのハーブ療法を応用したものです。スパに到着すると、まず受付で問診票を記入するのですが、その中にトリートメントの目的を記入する欄があります。私は「リラックス」と記入したところ、アロママッサージの際にはリラックス効果のあるハーブを使用したオリジナルのマッサージオイルが用意されていました。

ローズミルクバス

マッサージの前にバラとジャスミンの花びらの浮かんだミルクバスでリラックス

マッサージは少し弱めで気持ちよく、つい眠り込んでしまいそうなほどでした。後でセラピストの方に聞いたところ、本当は私は肩や背中がすごく凝っていたので、揉みほぐしたかったのだそうですが、そうすると痛くてリラックスどころではなくなってしまうので、今回はリラックスを重視して弱めにマッサージしてくれたのだそうです。とてもありがたい気遣いでした。

タイマッサージ

床に敷かれたタイマッサージ風のマット

また、マッサージだけではなく、タイならではの自然の素材を使用したスクラブやラップなどと組み合わせたプログラムもあり、とても魅力的なメニューが揃っています。

リフレッシュメント

トリートメント終了後はジンジャーティーとお米のスナックでリフレッシュ


世界的なスパブランドを導入した最先端の美容プログラム

オリエンタルスパのもう一つの魅力は、世界的に評価の高いスパブランドのトリートメントが受けられる点です。特にお気に入りは、バンコクで初めてとなるフランスの「ペディ:マニィ:キュア・スタジオ」のネイル・トリートメントです。世界的なポディアトリスト(足医学専門家)であるバスティアン・ゴンザレス氏が監修したもので、世界各地のラグジュアリースパで導入されています。フランス人セラピストが常駐しており、日常的なケアについても丁寧にアドバイスしてくれます。

バスティアン・ペディキュア(Bastien’s Pedicure)60分 3300THB++
*総合的なフット・トリートメント。まるで歯医者のように様々な器具を使用し、爪回りや足裏の古い角質を除去した後、200年前にフランス上流社会で愛用されたシャモア革のブラシを使って爪を磨き、爪本来の自然な輝きを取り戻す。角質を除去した後クリームやパラフィンで徹底的に保湿。まるで赤ちゃんのような柔らかな肌になる。

ネイルトリートメント

世界的に有名なバスティアンのネイルトリートメント

ドイツのQMSメディコスメティックス(QMS Medicosmetics)製のプロダクツを使用したフェイシャル・トリートメントもおすすめです。このプロダクツは、ドイツの外傷学や美容整形外科の一人者であるエリック・シュルツ医師によって開発されたもので、皮膚の再生システムの解明によって、コラーゲンや細胞に効果的に働きかけるスキンケア・システムなのだそうです。一度体験してみましたが、即効性の高い究極のフェイストリートメントです。

アドバンスド・セルラー・ハイドレイション(Advanced Cellular Hydration)75分 5580THB++
*ディープ・クレンジング、マスク、保湿、パック、マッサージなど、約10種類のプロダクツを駆使して細胞組織に働きかけ、細胞の再生を促し肌を若返らせる。

そのほか、まだ体験したことがありませんが、エンダモロジー(Endermologie)という技術を利用したフェイス&ボディトリートメントもあるようです。このように、伝統的な療法から、最先端技術を用いた療法まで、幅広く充実したトリートメントが用意されていて、スパとしてのレベルは世界的にトップクラスといっても過言ではありません。

フェイシャルトリートメント

ドイツの外傷学医師が開発した即効性の高いフェイシャルトリートメント

マンダリン オリエンタル バンコク 宿泊体験記


オリエンタルスパ

オリエンタル スパ

THE ORIENTAL SPA
住所
:Mandarin Oriental Bangkok, 48 Oriental Avenue, Bangkok 10500 Thailand
営業時間:10:0022:00
アクセス:BTSサパーン・タクシン駅そばのサトーン桟橋よりホテル送迎船で約5分、ホテル桟橋からさらにホテル送迎船でスパのある対岸に渡る
ウェブhttp://www.mandarinoriental.co.jp/bangkok/luxury-spa/
オリエンタルスパのマップ