パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ(PAÑPURI Organic Spa at Park Hyatt Bangkok)は、2017年に開業したパークハイアットバンコクホテルのスパです。ハイアットグループのラグジュアリーブランドであるパークハイアットが、バンコクに開業した当時は、タイ国内外から大きな注目を浴びました。その注目のホテルに、タイのスパブランドで最も人気のあるパンピューリが直営スパを開業したことは、世界中のパンピューリファンにとってハッピーなサプライズだったことでしょう。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

パークハイアットバンコクのレセプション

パンピューリはすでに世界中にショップを展開し、数あるタイ発のスパブランドの中でも知名度は抜群です。今では、多くのラグジュアリーホテルのスパでも、パンピューリのスキンケア製品が使用されています。しかし、パンピューリの直営スパは、これまでバンコクに一店しかなく、しかもショッピングモールの中のショップに併設されたスパでした。2017年末になって、ゲイソーンビレッジにも本格的なウェルネススパが開業されたものの、ずっと長い間、タイにはパンピューリ直営のホテルスパはなかったのです。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

パンピューリ製のマッサージオイル

実は、パンピューリ直営の初めてのホテルスパは、マレーシアのペナン島にあるイースタン&オリエンタルホテルにありました。マレーシアのベストホテルスパに選ばれるなど、その実力は国際的に認知されていたものの、なぜ本拠地であるタイではなく、マレーシアにしかないのだろうと、ずっと不思議に思っていました。ですから、ようやくパークハイアットバンコクにパンピューリの直営スパが出来たと知った時は、嬉しくて感慨深くもありました。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

トリートメントルームの洗面室

私は、ホテルが開業すると同時に、パンピューリスパを訪れたものの、当初は宿泊者しか利用が出来ませんでした。そのため、外来利用が解禁になるまで待っていたら、時間が過ぎてしまい、ようやく2018年に初めてトリートメントを体験しました。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

スパレセプション


ミニマリズムなホテルの空間に溶け込むパンピューリのシンプルなスパ

パンピューリスパは、ホテルの11階にあります。1階のエントランスからロビーのある10階までエレベータで上がり、さらに別のエレベータに乗り換えて11階で降ります。エレベータを降りてからスパのレセプションまでは、白いカーテンが続く何もない真っ白な廊下を歩いていきます。あまりにもがらんとしているので、場所を間違えたかと思うくらいです。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

スパへ続く通路

パークハイアットバンコクは、デザインコンセプトが「ミニマリズム」。その言葉通り、ホテルの館内は殺風景なほどシンプルで、最初は驚いてしまうでしょう。私も初めて訪れたときは「もしかして手抜きなのでは?」と思ったほどです。館内はシンプルですが、あちらこちらに著名な芸術家による彫刻や絵画の作品が置かれ、コンテンポラリーな美術館の中にいるようです。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

パークハイアットバンコクの館内

スパのデザインも、このホテルのコンセプトを引き継いでいます。スパエリアは白一色で、曲線を多用しているので柔らかな印象です。シンプルな白いカーテンがあちらこちらに使用されています。もともと、パンピューリスパをイメージしてデザインされたものではなかったということですが、オーガニック原料にこだわるパンピューリのコンセプトが、純粋な白のイメージにぴったり合っているように思いました。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

シンプルな白いインテリア


パンピューリのスパ製品を堪能するトリートメントメニュー

スパのトリートメントメニューは、当然ながらパンピューリの製品を堪能できるオリジナルのメニューが揃っています。ただし、フェイシャルに関しては、フランス製のスパプロダクツである「ビオロジック ルシェルシェ」を採り入れたメニューもありました。また、30〜45分の短時間でできるエクスプレスメニューもあります。他のパンピューリスパと同じメニューもたくさんありますが、同じバンコクにあるウェルネススパと比較すると、料金は若干高めに設定されています。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

ボディトリートメントに使用されるスクラブ4種とパック3種

レセプションに到着すると、ビーツでピンクに色づけされた冷たいロータスウォーターとおしぼりがサービスされ、問診票に記入します。次に、たくさんのトリートメント用のプロダクツの中から好みのものを選びます。私はパンピューリのボディケア製品を堪能するため、スクラブとラップとオイルマッサージがセットになったパッケージ(Pan-Vimarn Heavenly Touch of Paradise)を選択。4種類のスクラブの中からブラックジャスミンのスクラブ、3種類のパックの中から海藻のラップ、そして6種類のマッサージオイルの中からタイジャスミンのオイルを選びました。タイジャスミンはパンピューリのオリジナルのオイルなのだそうです。

Pan-Vimarn Heavenly Touch of Paradise 150分 6,800THB税サ別(全て込みで約27,000円)

内容:フットバス+ボディスクラブ(30分)+ボディマスク(30分)+ボディマッサージ(90分)+リフレッシュメント

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

ウェルカムドリンクはロータスウォーター


トリートメント前に星降るようなスチームサウナでうっとり

パークハイアットのパンピューリスパでは、ホテルのウェルネススペースにある共有のスチームサウナとジャクジーも利用できます。なので、トリートメントの開始時間の1時間ほど前に行くことをお薦めします。

実はこの共有スペースのデザインがすごく可愛くて、私はパークハイアットでのスパ体験の中で、ここが一番気に入ってしまいました。スチームサウナでは、天井にまるで星がきらめくようなライトが光り、幻想的な音楽が流れています。アロマのいい香りもして、こんな素敵なスチームサウナを体験したのは初めてでした。ジャクジーは花の形をしていて、天井も花の形で可愛い感じです。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

花の形のジャクジー

スパの前にここでリラックスして、時間になったらスパのトリートメントルームに行きます。共有スペースには、ロッカーやシャワーも完備していますが、スパのトリートメントルームには、専用のロッカーや洗面があるので、一旦着替えて荷物はすべて持っていった方がいいでしょう。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

共有のロッカールーム


シンプルで真っ白な極上のトリートメントルーム

パンピューリスパには、トリートメントルームが全部で8室あります。一番大きなダブルスイートのお部屋には、トリートメントベッドが2台とタイマッサージ用のマットが2台あり、かなりの広さです。シングルルームでも、ゆったりとスペースがとってあります。どの部屋も白をベースにしたシンプルなデザインで、独立したシャワーや洗面の設備があります。ベッドヘッドのそばの壁には、蓮の花をモチーフにした水で彫った彫刻が施されているのが象徴的です。

パークハイアットバンコク パンピューリスパ

ダブルスイートルーム

トリートメントはフットバスから始まります。フットバスの間は、温めた肩まくらを肩に置いてくれて、じんわりと温められてリラックスできます。トリートメントの始まりにはジャスミンの甘い香りでリラックスを促進し、終わりにはスペアミントの爽やかな香りで覚醒を促します。白いシンプルなトリートメントベッドはふかふかです。真っ白のオーガニックコットンのリネンの肌触りがとっても気持ちいいです。ただ、今までのパンピューリスパとは違って、電気で温めるタイプのベッドではなかったので、少し寒く感じ、途中でセラピストの方にお願いして、エアコンの温度設定を下げてもらいました。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

フットバス

トリートメントが終了すると、窓の大きなリラクゼーションスペースに移動します。バンコクの街の景色を眺めながらリフレッシュメントの温かい蓮のお茶とオーガニックフルーツを頂きます。リラクゼーションルームは共有スペースですが、透けるような薄くて白いカーテンでベッドが仕切ってあり、圧迫感を感じることなく、適度なプライバシーが保たれています。

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

リラクゼーションスペース


パンピューリウェルネススパとの比較

2017年にバンコクに新しいパンピューリスパが急に2つも出来たことで、訪れる人にとっては選択の幅が増え、ますます楽しみになりました。2つのスパを比較してみると、ウェルネススパは温泉やウェルネスメニューなど、パークハイアットにはないメニューが非常に多く、同じメニューでも料金がリーズナブルな点が魅力です。一方、パークハイアットでは、建築デザインが圧倒的に素晴らしく、ウェルネススパよりもワンクラス上の極上空間でトリートメントが体験できる点が魅力だと思います。(パンピューリ ウェルネス スパ について読む)

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ

トリートメント後のリフレッシュメント


基本情報

PAÑPURI Organic Spa at Park Hyatt Bangkok Hotel

住所:88 (Central Embassy), Wireless Road Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330 Thailand
営業時間:10:00~22:30
アクセス:BTSプルンチット駅から徒歩5分
ウェブ:https://www.panpuriorganicspa.com/index-park-hyatt-bangkok.html
https://www.hyatt.com/en-US/hotel/thailand/park-hyatt-bangkok/bkkph
マップ:

パークハイアット バンコク パンピューリ スパ
3.9 (9 票)

Show Buttons
Hide Buttons