アマタラ ウェルネス リゾート (Amatara Wellness)

アマタラ ウェルネス リゾート (Amatara Wellness)

アマタラ ウェルネス リゾート

 

プーケット初の滞在型スパ アマタラ ウェルネス リゾート

アマタラウェルネスリゾート(Amatara Wellness Resort)は、プーケット島の最南端にあるパンワ岬に建つリゾートです。プーケットでは初めての本格的な滞在型スパとして2015年に開業しました。長期滞在型の多様なウェルネスプログラムのほか、ヘルシーキュイジーヌや充実したフィットネス施設が特徴です。リゾート滞在中は、海を間近に感じながら、ラグジュアリーなリゾートの中で、自分自身の心身の健康のためにゆっくりと充実した時間を過ごすことができます。

アマタラ ウェルネス リゾート

アマタラ ウェルネス リゾート

アマタラウェルネスリゾートは、海に突き出た小さな岬の丘の上に立っています。リゾートからは、270度アンダマン海を見わたすことができ、どこにいても海を感じることができます。プーケット島の東側にあるため、雨期でもモンスーンの影響が少なく、年中海が穏やかなのも特徴です。小さいけれど、プライベートビーチもあります。プーケットの西側にある賑やかなリゾートとはうってかわって、手つかずの自然と素朴なローカルの集落に囲まれた、静かな大人のリゾートです。

アマタラ ウェルネス リゾート

アマタラのウェルネスプログラム

アマタラウェルネスリゾートは、プーケット初の本格的なウェルネスリゾートとして、開業当初から注目を浴びていました。タイには、ホアヒンのチバソム、サムイ島のカマラヤコサムイなど、世界トップレベルの滞在型スパリゾートがあり、サムイ島は今やヨガリゾートやデトックスリゾートの聖地とも言われているのに対し、プーケットには滞在型スパやヘルシー志向のリゾートはほとんどなかったからです。

アマタラ ウェルネス リゾート

アマタラのウェルネスプログラムは、デトックス、ヨガ、減量、スパなど、目的別に6つのパッケージプログラムがあるほか、本人の希望に合わせたオーダーメイドのプログラムも組んでもらえます。

アマタラ ウェルネス リゾート
ソルトセラピールーム

プログラムは3泊以上の長期滞在型で、目的に合わせてスパやエクササイズのメニューのほか、宿泊、食事、ウェルネスコンサルテーションなどが含まれています。また、どのプラグラムも、アマタラスパで最も注目のタイハマムを利用した「タイハマムジャーニー」というスパメニューを体験することができます。食事は、「ザリトリート」というウェルネスプログラム専用のレストランで、全ての食事を頂くことになります。

アマタラ ウェルネス リゾート
スパキュイジーヌ

また、フィットネスやヨガの施設も充実しており、特に海が一望できるインフィニティなヨガパビリオンでのヨガセッションは最高のひとときです。

アマタラ ウェルネス リゾート
ヨガパビリオン

美しいハマムのあるアマタラスパ

アマタラスパは、ウェルネスプログラム参加者用の必要なトリートメントを提供しているだけでなく、ウェルネスプログラムに参加しない一般のリゾート滞在者のスパ利用も可能です。

アマタラスパの外観

アマタラスパは、リゾートの敷地内の高台にある大きな別館にあり、眺望も設備も素晴らしいものです。特にアマタラスパで有名なのは、トルコ式浴場「ハマム」にタイの伝統療法を採り入れたユニークなトリートメントです。ハマムは地下1階にあり、美しいタイルのモザイクが印象的な空間です。温められた石のベッドが3つあり、3組のゲストが同時に施療を受けられるようになっています。

アマタラ ウェルネス リゾート
アマタラスパのハマム

アマタラハマムジャーニーは、体を温めるサウナと体を冷やすアイスシャワーなど、4種類の設備を利用して、体内の循環を高め、最後に温めたベッドの上でアマタラのシグネチャーマッサージを受ける2時間45分のユニークなメニューです。アマタラに来たら絶対に外せないお薦めメニューですが、高血圧症、生理中など、体調によって受けることが出来ないこともあるので、よく確認してください。

アマタラハマムジャーニー(Amatara Hammam Journey) 175分 8900THB++(約30000円+税サービス)
アマタラ ウェルネス リゾート
サウナの後のアイスシャワー

アマタラハマムジャーニー以外は、レセプションの担当者ですら、他のスパとあまり変わらないというほど、特にユニークなメニューはないようです。フェイシャルリフレクソロジーという、足つぼではなく、顔のつぼを押すフェイシャルマッサージを試してみました。美容ではなく健康目的のフェイシャルマッサージは、ちょっと変わっていて、意外に気持ちよかったです。

フェイシャルリフレクソロジー(Facial Reflexology) 60分 4000THB++(約13000円+税サービス)
アマタラ ウェルネス リゾート
シンプルなトリートメントルーム

アマタラスパのトリートメントルームは、海の見えるシンプルで快適なお部屋で、ゆったりと施療が受けられます。個人的には、あまりにもシンプルすぎて、少し物足りないと思いました。今回は利用しませんでしたが、テラスにバスタブのあるトリートメントルームもあり、海を見ながらバスタブに浸り、トリートメントを受けられる部屋もあるそうです。また、トリートメントの後には、やはり海の眺めの素晴らしいリラクゼーションルームに案内され、温かいジンジャーティーを頂きながらリラックスできます。

アマタラ ウェルネス リゾート
トリートメント後のティータイム

リゾートホテルとしてのアマタラ

アマタラウェルネスリゾートは、滞在型スパとして完全な設備を保有しているものの、ウェルネスプログラムに参加せず、通常のラグジュアリーリゾートとして利用することもできます。時期にもよるのかもしれませんが、実際にはリゾートとして利用する人の方が多いような印象を受けました。

アマタラ ウェルネス リゾート
客室ビラの入口

リゾートとして見た場合、まず最近ありがちな「フォトジェニック」あるいは、デザインの凝ったリゾートではありません。全てが素っ気ないほどシンプルですが、清潔感があり上品です。ラグジュアリーホテルとして必要なサービスが、当たり前のように全てそろっていて、非常に快適な滞在ができます。部屋はゆったりとしたスイートかヴィラのみで、窓からは部分的、あるいは全面的に海が見えます。

アマタラ ウェルネス リゾート
オーシャン パビリオンのベッドルーム

アマタラウェルネスリゾートは、当初リージェントホテルとして6年ほど前に開業し、その後2015年から名前が変わり、ウェルネスリゾートとして、新たに出発しました。そのため施設は比較的新しく、部屋のアメニティもあるべき物が使いやすくそろっています。リゾートに行くと、Wi-Fiがいまいちのことが多いのですが、アマタラでは全く快適そのものでした。

アマタラ ウェルネス リゾート
海の見えるプライベートプール

さらに、アマタラのサービスは小さなことに細心の注意を払っていて、スタッフも非常に細やかに対応してくれるという点がとても印象的でした。例えば、部屋のコーヒーメーカーには、はじめからちゃんと水も電源も入っていて、ゲストは好みのコーヒーカプセルを選んでボタンを押すだけです。また、ミニバーの飲み物や枕の好みなども、予約の時点でリクエストを聞かれ、当日チェックインすると当然のように自分のリクエストしたものが揃っているという感じです。一流のホテルであれば当たり前ではありますが、実はこれを完璧に出来るリゾートホテルって意外と貴重だと思います。

アマタラ ウェルネス リゾート
使い勝手のよいバスルーム

アマタラのヘルシーキュイジーヌ

アマタラには、大小合わせて4つのダイニングがあります。

まず、朝食、ランチ、ディナーと、一日中利用できる「ザ・レストラン」というメインダイニングがあり、朝食ブッフェの会場です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

次に、わずか8席しかありませんが、ビーチサイドにある「ビーチテーブル」。メニューは少ないですが、ランチやドリンクをオーダーすることができます。海のそばの特等席で、アマタラで私の一番お気に入りのダイニングスペースです。

アマタラ ウェルネス リゾート
ザ ビーチ テーブル

そして、ディナータイムのみオープンする「ザ グリル」。一階建ての建物ですが、なんと階上にはルーフトップバー「サン アンド ムーン」もあり、夕暮れ時の海を見ながらカクテルを楽しむことができます。「ザ グリル」では、グリル料理を中心に西洋料理が楽しめますが、こちらは非常に美味しくて評判のレストランです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

最後の「ザ リトリート」は、ウェルネス プログラムの参加者専用のメインダイニングで、オリジナルのヘルシーメニューを提供しています。インフィニティプールのそばにあるプライベート感のあるこじんまりとした静かなレストランです。一般の宿泊者は、ザ リトリートを利用することは出来ません。

スライドショーには JavaScript が必要です。

実は、このヘルシーメニューは「ザ ダイニング」や「ザ グリル」でも食べることが出来ます。だけど、ウェルネスプログラム参加者が、他のレストランで食べることは出来ず、いつも同じレストランで食べなければならないので、長期滞在の場合は飽きてしまいそうです。(プログラムには食事料金が含まれていますが、ザ リトリートでの食事が義務づけられていて、他のレストランで食事した場合は、同じヘルシーメニューであっても別料金になるそうです。)

アマタラ ウェルネス リゾート
ヘルシーなツナのグリル

ウェルネス?それともラグジュアリーリゾート?

今回、アマタラウェルネスリゾートには、ウェルネスプログラムを一部体験できるパッケージを利用して、ウェルネスとリゾートの両方の側面を体験してみました。その上で、ウェルネスリゾートとしての完成度は高いものの、やはり一般のリゾートして利用した方がいいという結論に達しました。

一番大きな原因は、先ほども書いた食事のバラエティです。プログラムに参加した場合、宿泊は3泊以上だし、食事は専用のザリトリートでしか食べることができないのですが、一般のリゾートとして利用した場合は、1泊からでも泊まれるし、何より食事のバラエティが広がります。

アマタラ ウェルネス リゾート

それに、チバソムやカマラヤの場合は、完全なウェルネスリゾートのため、一般のリゾートとして利用するゲストはほとんどいないのですが、アマタラの場合は、一般利用のゲストの方が多いため、ウェルネス利用のゲストはちょっと疎外感を感じてしまうかもしれません。

リゾートとして利用しても、ウェルネス施設やヘルシーな食事は利用できるので、あえてプログラムに参加する必要はないのかという印象を持ちました。一方で、リゾートとしての全体のレベルは期待以上に高く、細やかなサービスと落ち着いた雰囲気の上品なリゾートとして、ヘルシーなライフスタイルを求める方はもちろん、意外と高齢者などでも利用しやすいのではないかと思います。

アマタラ ウェルネス リゾート

アマタラウェルネスリゾート の基本情報

Amatara Wellness Resort

住所:Amatara Wellness Resort, 84 Moo 8, Sakdidej Road, Tambon Vichit, Cape Panwa, Phuket 83000, Thailand
アクセス:プーケット国際空港から車で約60分
ウェブ:https://www.amataraphuket.com/
マップ:

アマタラ ウェルネス リゾート (Amatara Wellness)
4.9 (7 票)

Written by

Show Buttons
Hide Buttons