アジアティーク (Asiatique)バンコク観光

アジアティーク (Asiatique)バンコク観光

アジアティーク ナイトマーケット

 

リバーサイドの一大テーマパーク アジアティーク

アジアティーク (Asiatique)は、バンコクのチャオプラヤ川沿いにあるナイトマーケットです。昔の倉庫街を改装した広大なマーケットは、レトロでお洒落な雰囲気で、タイ雑貨などの小さな屋台風のお店が建ち並び、タイ旅行のお土産探しにもぴったりです。ショッピングの他にも、遊園地、劇場、レストランも揃っていて、色々な遊び方ができる一大テーマパークです。

アジアティーク
アジアティーク

アジアティーク はBTSサパーンタクシン駅が最も近く、駅のそばの船着場から無料の送迎ボートが発着しています。日が暮れた後のバンコクの夜景を見ながらボートに揺られ、アジアティークの大きな観覧車が見えてくる瞬間は、何度行ってもちょっと感動的です。

アジアティーク

最近バンコクではナイトマーケットが大人気で、鉄道市場ラチャダーなど多くのナイトマーケットが紹介されています。でも、ほとんどのナイトマーケットは、一般のタイ人を対象にしているため、売られているのはローカルフードやタイ人の若者向けの日常品が多く、ローカルな熱気で溢れています。でも、アジアティークはもともと外国人観光客を対象に作られたため、全体的にフォトジェニックでお洒落な雰囲気であるのに加え、観光客向けのエンターテイメントやお土産向けのショッピングも充実していて、観光で訪れる外国人にとっては満足度が高いといえるでしょう。

アジアティーク


可愛いタイ雑貨も豊富な、アジアティークのショッピング

アジアティーク

アジアティークには、オリジナルのハンドメイドのアクセサリーやタイ雑貨のお店がたくさんあって、お土産探しにぴったりです。自分用はもちろん、ばらまき用のお土産も楽しみながら買い物することができます。

バンコクでタイ雑貨が買える人気のショッピングスポットといえば、チャトゥチャックのウィークエンドマーケットが有名ですが、土日しかオープンしていないため、バンコク滞在の日程によっては、行けないこともあります。それに、ウィークエンドマーケットは、昼間の暑い時間に、人混みにもまれながら、迷路のように広い市場を歩き回らなければならないため、個人的には苦手です。でもアジアティークなら毎日オープンしているし、夜の方が昼間より涼しく、ウィークエンドマーケットよりも規模がコンパクトで、人も少なくて快適です。

アジアティーク

お店の数や品揃えは、チャトゥチャックのウィークエンドマーケットの規模には及びませんが、それでもかなりの数のお店があってお土産もそこそこ揃うので、それほどこだわりがないのなら、アジアティークの方がポイントが高いのです。

アジアティーク

それでは、アジアティークのお薦めショップをいくつかご紹介しましょう。アジアティークは、Warehouse 1から10まで全部で10のエリアに分かれていて、全体的にお店がぎっしりと並んでいますが、特にお土産向けのタイ雑貨のお店が多いのは、Warehouse 1のあたりです。また、Warehouse 9のあたりには、センスのいいアクセサリーのお店などがちょこちょこと見られます。


意外と楽しい、アジアティークのエンターテイメント

アジアティークには、ショッピング以外にもいろんな楽しみがあります。アイコニックな大観覧車やミニ遊園地(Warehouse 7付近)は、子供たちにも人気です。タイの有名なニューハーフショウが見られる「カリプソ」(Warehouse 3)や、最近始まったエンターテイメント型のタイボクシング「ムエタイライブ」(Warehouse 4)はかなりちゃんとした劇場があって、バンコクを代表するエンターテイメントの一つでもあります。タイの伝統的な人形劇が見られる「ジョーイルイスシアター」(Warehouse 4)も有名です。ショウはどれも1時間ほどで、料金は1200〜1500THB(約4000円〜5000円)です。アジアティークのウェブサイトから事前に予約もできます。

アジアティーク
アジアティーク


<上演時間>
カリプソ 毎日19:30〜、21:00〜
ムエタイライブ 火〜日曜20:00〜(月曜休み)
ジョールイスシアター 火〜日曜19:30〜(月曜休み)
アジアティーク
カリプソ ニューハーフショウ

期待しない方がいい、アジアティークでの食事

アジアティーク

アジアティークには、目移りしてしまうほどたくさんのレストランがあります。リバーサイドには、体育館のように大きくて、内装の凝ったレストランが数店並んでいて、観光客を食事に誘います。でもちょっと待ってください。アジアティークのこうした大型レストランは、日本のたいていのテーマパークと同様、見た目は楽しそうですが、レストランとしての質はいまいちです。値段が高いばかりで、美味しくないし、観光客でごった返していて、落ち着いた食事を期待することはできないでしょう。

アジアティーク
Osha Cafe

それでも、どうしてもアジアティークで食事をしたいなら、一番のお薦めは、「オシャカフェ(Osha Café)」(Warehouse 10)です。お洒落でモダンな雰囲気のタイ料理レストランで、実力のあるタイ人シェフの料理が楽しめます。もう一つはリバーサイドのバーンカニタです。こちらも雰囲気のよい伝統的タイ料理のお店ですが、味付けがマイルドなので、タイ料理初心者向けです。もう一つはタイ全国に支店があるタイスキの人気店「MK」(Warehouse 4)です。フランチャイズなので、味はどこに行っても同じという安定感があります。あと、食事ではありませんが、マンゴーデザートで有名な「マンゴータンゴー」(Warehouse 1)もお薦めです。あるいは、アジアティークは夜中までオープンしているので、予めどこかバンコク市内で食事を済ませてから、アジアティークに行ってもいいでしょう。

アジアティークの基本情報

Asiatique the Riverfront

住所:Charoenkrung Soi 72-76 , Charoenkrung Road, Wat Phrayakrai District, Bangkor Laem, Bangkok 10120
営業時間:16:00〜24:00
アクセス:BTSサパーンタクシン駅から無料送迎ボートで約15分、タクシーで5分
ウェブ:www.asiatiquethailand.com

マップ:

アジアティーク (Asiatique)バンコク観光
4.4 (11 票)

Written by

Show Buttons
Hide Buttons