プーケット ウォーキング ストリート ナイトマーケット

プーケット ウォーキング ストリート ナイトマーケット

プーケット ウォーキング ストリート

 

日曜日の夜だけ開催される プーケット ウォーキング ストリート

プーケット ウォーキング ストリート (Phuket Walking Street)は、プーケットオールドタウン(プーケットタウンの旧市街地)にあるタラーン通りで、毎週日曜日の16:00〜22:00に開催されるナイトマーケットです。タイ語の正式名称は「ラートヤイ(Lard Yai)」です。

タラーン通りは、プーケットのオールドタウンの中でも、最も賑やかな通りです。カラフルなシノポルトギース建築のショップハウスが建ち並び、いつも多くの観光客で賑わっています。でも、観光客の多くは、ビーチの近くのリゾートから日帰りでプーケットタウンに遊びに来る人が多く、たいていは夕方になると帰ってしまいます。でも日曜日だけは特別です。このプーケットウォーキングストリートを目指して、多くの人が集まってくるのです。

プーケット ウォーキング ストリート

プーケット ウォーキング ストリート

タラーン通りは、日曜日の夕方4時頃から車は進入禁止になります。道路の真ん中に屋台が次々と組み立てられていき、いよいよナイトマーケットの営業が始まります。プーケット通りとヤワラート通りに挟まれた、およそ1kmくらいの区間には、ぎっしりと屋台が並び、夕方6時頃ともなれば、歩くのも大変なほど人で溢れ、大変な熱気に包まれます。

プーケット ウォーキング ストリート

プーケット ウォーキング ストリート


東側は雑貨、西側はローカルフード

プーケットウォーキングストリートでは、どんな屋台が出るのでしょうか。東西にのびたタラーン通りに並ぶ屋台は、東側半分には雑貨系、西側半分には食品系が多く集まっています。

雑貨の屋台は、国際的なリゾート地であるプーケットらしく、バンコクの一般的なナイトマーケットよりも、手作りの雑貨など可愛い小物も多く、お土産向けのタイ雑貨のお店も目に付きます。また、昼間営業していたタラーン通りのブティックも、夜は屋台として出店していて、Tシャツやバティックなどの衣類も並んでいます。散髪や似顔絵のコーナーまであって、見ているだけでも面白いものです。プーケット ウォーキング ストリート

西側は、食べ物の屋台がずらりと並びます。売っているのはもちろんタイのローカルフードです。いろんな屋台を冷やかしながら、あれこれ買って食べるのは、日本のお祭りの縁日感覚でとっても楽しいです。それに、料金も格安です。


狙い目はプーケットのローカルフード

プーケットウォーキングストリートでの一番の楽しみは、プーケットでしか食べることができないプーケットの郷土料理やローカルスイーツの屋台です。一口にタイ料理といっても、日本と同様、地方によって様々な名物料理があります。一般的なタイ料理なら、リゾートの付近でも食べられますが、郷土料理はプーケットタウンに集中していて、バンコクではなかなか食べられない料理がたくさんあります。ナイトマーケットには、そんなプーケットの郷土料理がずらりと並び、しかも屋台価格で食べられるのです。

一番人気の屋台は「アーポン」という名前のプーケット風クレープの屋台です。有名なローカルスイーツということもあって、すごい人だかりが出来ていて、なんと番号札まで配っていました。プーケット名物のかき氷「オーエウ」やプーケットロブスターの屋台もあります。ウォーキングストリートは夜10時までですが、人気の屋台は夜7時頃には売り切れてしまい、店じまいを始めます。


プーケット名物「カオヤム・バイパーホム」を求めて

中にはこうしたナイトマーケットでしか買えないような珍しい料理もあります。プーケット名物として、知る人ぞ知る「カオヤム・バイパーホム」は、プーケット独特のライスサラダです。「カオヤム」というマレー由来のライスサラダは、タイ南部料理としてバンコクでも人気がありますが、「カオヤム・バイパーホム」はその存在すらあまり知られていません。でも私は以前に初めて食べて以来、この独特のハーブの香りのするスパイシーなカオヤムに、すっかりハマってしまいました。その後、どこで売っているのか調べましたが、一般のレストランのメニューにはありません。そして、地元のタイ人の人にも聞き取り調査をして、ようやくこのウォーキングストリートで巡り会うことができたのです。

プーケット ウォーキング ストリート
プーケットのスパイシーライスサラダ「カオヤムバイパホム」

目白押しのストリートパフォーマンス

ローカルフードに目移りしながら、人でいっぱいのウォーキングストリートを歩いていると、所々にミニコンサート会場のように座席が置いてある場所があります。ここでは、時間を区切って様々なパフォーマンスが行われているようです。本格的なサキソフォンのソロ演奏や大道芸人風の人もいます。一番可愛かったのは、地元の小学生たちによるタイの伝統音楽の演奏です。近くにはチップボックスが置いてあって、タイ語で「奨学金」と書いてありました。思わずにっこり笑って、チップの20バーツ札を入れてあげました。ナイトマーケットは、ぶらぶら歩いているだけでも、何か面白いものを発見できるのです。

プーケット ウォーキング ストリート

プーケット ウォーキング ストリート


プーケットでは、ほかにもたくさんのナイトマーケットがあちこちで定期的に開催されているようです。もしプーケット滞在中に運良くナイトマーケットが開催されていたら、是非遊びに行ってみてくださいね。

プーケット ウォーキング ストリート

プーケット ウォーキング ストリート の基本情報

Phuket Walking Street

住所:Thalang Road, Amphoe Muang Phuket, Phuket, Thailand
営業時間:16:00〜22:00(日曜日のみ)
アクセス:プーケット国際空港から車で45分
ウェブ:https://www.facebook.com/phuketwalkingstreet/

Read about Phuket Walking Street in English

マップ:

プーケット ウォーキング ストリート ナイトマーケット
4.4 (7 票)

Written by

Show Buttons
Hide Buttons