バンヤンツリー スパサンクチュアリー プーケット

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

バンヤンツリー スパサンクチュアリー プーケット

バンヤンツリー スパサンクチュアリー プーケット(Banyan Tree Spa Sanctuary Phuket)は、バンヤンツリープーケットの敷地内にある、スパやウェルネスに特化したラグジュアリービラです。1994年に開業したバンヤンツリープーケットが、開業20周年を機にスパサンクチュアリーを2015年にオープンしました。バンヤンツリープーケットの客室はプール付きのプライベートビラが標準ですが、スパサンクチュアリーでは、さらにワンランク上のエレガントなビラで、極上の癒しの時間が過ごせます。

バンヤンツリー プーケット

1994年開業のバンヤンツリー プーケット

バンヤンツリー プーケット

バンヤンツリープーケットはプール付きのプライベートビラが標準

バンヤンツリーホテルといえばスパと言われるほど、バンヤンツリースパのクオリティの高さは世界的に評価されています。独自にスパアカデミーを設立し、クオリティの高いセラピストを自社で養成しているほどです。

バンヤンツリースパ

リゾートスパが高く評価されるバンヤンツリーホテル

現在は、世界各国にリゾートスパを展開するバンヤンツリーホテルグループですが、実はグループ初のリゾートは、ここプーケットが誕生の地です。世界中で唯一プーケットにしかないスパサンクチュアリーでは、バンヤンツリーホテルが長い年月をかけて培ってきたスパやウェルネスをリゾートの中心に据え、自らの美しさや心身の健康を求める人々に究極のウェルネスライフを提供しています。(バンヤンツリープーケットスパの詳細を読む

バンヤンツリースパ

バンヤンツリースパでは、こだわりのオリジナルプロダクツを使用


ラグジュアリースパがプライベートビラになった

バンヤンツリースパサンクチュアリーは、スパ好きの私にとって、オープン以来ずっと憧れの存在でした。なかなか行く機会に恵まれませんでしたが、ようやく2020年2月に念願が叶いました。

バンヤンツリープーケットには行ったことがあったので、当日はいつも通り、バンヤンツリーのフロントレセプションに行きました。すると、スパサンクチュアリーのレセプションは、スパの建物にあるとのこと。なるほど、スパのレセプションの向かいにあったスパショップが移転して、スパサンクチュアリー滞在客専用のレセプションになっているようでした。それでも、スタッフの方がわざわざ向こうから来てくれて、いつものバンヤンツリーのレセプションでチェックインをして、お部屋に案内して頂きました。

バンヤンツリースパ

バンヤンツリースパにあるスパサンクチュアリーのレセプション

カートで少し遠くの方にあるスパサンクチュアリーエリアに到着。ビラは1つ1つが独立していて、一軒家のように門と塀があります。門の中に入ると熱帯の植物が生い茂る美しい庭と大きなプライベートプールに迎えられました。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

一軒家の様なスパサンクチュアリービラの玄関

プールの脇には、ジャクジーが2カ所、庭にはテラスリビング、ダイニングコーナー、シャワーブースがあり、プールの向こうには、スパ用ベッドが2台置かれたオープンエアのマッサージルームもあります。一歩足を踏み入れただけで、テンションがぐんと上がりました。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

大きなプライベートプールと美しいデザインのトロピカルガーデン

次に、客室の中に案内していただきます。客室は本当に広くて、独立したリビングルームとベッドルームとバスルームに分かれています。ガラス張りで明るく広々としたエレガントなリビングルームからは、庭の眩しい緑が楽しめます。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

壁がガラス張りの明るいリビングルーム

大きなソファとワーキングデスクが置かれ、テレビやバーコーナーがあるところは、一般的なラグジュアリーホテルとそれほど変わりませんが、さりげなくデスクに置かれた、バンヤンツリーのオリジナルのマッサージオイルが嬉しい心遣いでした。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

様々なハーブティーもそろう室内のバーコーナー

次にベッドルームに入って感動!ベッドルームの壁は三方が大きなガラス張りになっていて、ベッドルームの周りには睡蓮が美しく花開く池が取り巻いているのです。まるで蓮池に浮かんで眠るようなロマンチックなデザインです。夜はボタン1つで全てのカーテンが閉まりますが、柔らかな布に囲まれた空間も、ラグジュアリーなテントの中にいるような非日常感があります。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

睡蓮の花咲く池に浮かぶ様にデザインされたベッドルーム

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

ベッドルームを外側から眺めると・・・

続いてバスルーム。このバスルームこそ、最もスパサンクチュアリーらしい魅力に溢れた場所でした。ゆったりしたドレッシングルーム。総ガラス張りのトイレとシャワーブース(注:ブラインドは付いています)は、まるで屋外にいるように庭の緑が楽しめますが、本当のアウトドアではないため清潔感があります。シャワーブースはスチームサウナとして使用することもできます。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

リビングルームと同じくらい広いバスルーム

そして、バスタブは何とバスルームから一歩外に出た庭の一角にありました!最新の機器を備えたモダンなバスルームは快適で、ガラス張りのため昼間は明るく、常にガーデンの緑が目に入り、ナチュラル感も一杯です。スパリゾートらしく、アメニティも細かく配慮され、女性にとっては最高のバスルームだと思います。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

スチームサウナにもなるシャワールームはガラス張りで明るく開放的


充実したウェルネスアクティビティ

モダンで豪華なウェルネス志向のビラに加え、スパサンクチュアリーに宿泊するゲストは、コンプリメンタリー(無料)で様々なサービスが受けられます。まず、チェックインしてすぐ後に、ウェルカムドリンクとして、冷たいハーブティーとナッツやドライフルーツのおつまみがサービスされます。チェックイン時には、ビラの中で滞在中の様々なプログラムをスタッフの方と相談しながら決めて行きます。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

ウェルカムドリンクは冷たいハーブティーとナッツやドライフルーツのおつまみ

滞在中は、1泊につき60分のマッサージが含まれています。プライベートビラの中で、いわゆるスパのルームサービスが受けられるのです。但し、トリートメントはフェイシャルかボディが選べますが、ボディスクラブやボディラップなどと組み合わせたい場合には、バンヤンツリースパまで出かけていかなければなりません。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

プールのそばにあるプライベートなスパトリートメントスペース

私は、一日目はボディスクラブも受けたかったので、ボディマッサージと組み合わせてスパで施療してもらいました。二日目は自分のビラにセラピストの方が来てくれて、完全にプライベートなフェイシャルマッサージ。自然溢れる美しいビラでの施療は本当に感動的でした。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

宿泊しているビラの中でスパのルームサービス

また、ヨガやフィットネスや瞑想など、リゾートのウェルネスエリアで提供されるプログラムが滞在中無制限に受けられます。ただ、開業当初はスパトリートメントが無制限に受けられるというスパ好きには垂涎のサービスがあったのですが、私が行ったときにはなくなっていたのが非常に残念でした。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

バラの花びらを浮かべたフットバス

私は今回2泊したのですが、1泊だけバスルームにボディスクラブセットがサービスされました。バスタブにお湯を張る間に、自然の原料を使用したフレッシュなスクラブを混ぜて、体に塗布していきます。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

ビラにサービスされたボディスクラブのセット

その後、アロマオイルとバラの花びらを浮かべたお湯に浸かります。夜だったので、暗闇の中で微かなライトの光を頼りに入浴するのは、ちょっとミステリアスな雰囲気でした。昼間のバスタイムならガーデンの眺めがきれいなので、次回もし機会があれば昼間も試してみたいです。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

庭にあるアウトドアバスでバスタイム、夜だったのでミステリアスな雰囲気

ほかにも、毎日1回ヘルシーなアフタヌーンティーがついていて、ビラにいるだけで盛りだくさんで、1日があっという間に過ぎて行きます。スパサンクチュアリーに宿泊する場合には、観光はしないで、ひたすらビラでおこもりステイを楽しむことをおすすめします。

バンヤンツリー スパサンクチュアリー

スパサンクチュアリーではひたすらビラに籠もっていたい


プライベート感重視の朝食

スパサンクチュアリーに宿泊する場合、朝食には3つの選択肢があります。1つ目は、バンヤンツリープーケットのウォーターフロントレストランでのブッフェの朝食です。2つ目はルームサービスで、自分のビラのプールサイドでプライベートな朝食をとることができます。そして3つ目は、リゾートの中の「Tre」というフレンチレストランでの朝食です。

バンヤンツリープーケット

ウォーターフロントレストランでは通常の朝食ブッフェ

Treは通常ディナーのレストランとして夕方のみオープンするのですが、バンヤンツリーの中でも、ダブルプールビラとスパサンクチュアリーに滞在するゲストだけは、朝食も利用できるのです。Treはスパサンクチュアリーのエリアからはかなり離れているので、私はビラの自転車を使って、サイクリングをしながら朝食に行きました。

Tre レストラン 朝食

スパサンクチュアリーの宿泊者が利用できるTreの朝食サービス

水辺のレストランは、少人数のゲストしか利用しておらず、半分ビュッフェ、半分オーダーで、本当にゆっくりと食事ができました。ルームサービスも好きですが、いつも部屋にいるのも少し飽きてしまいます。かといって、ビュッフェだと少し忙しすぎるので、このこじんまりしたプライベート感覚のレストランはとても快適で印象的でした。

Tre 朝食

アラカルトのメニューは自分の好みで細かくオーダーが可能

ウェルネスリゾートというと、目的別のプログラムがあり、食事や一日のアクティビティがある程度決まっているのですが、バンヤンツリースパサンクチュアリーの場合、そこまで体系的ではなく、あくまでも優雅なリゾートライフを楽しむ中に、ウェルネスの要素が織り込まれているという印象でした。よく言えば自由度が高く、束縛されることがありませんが、通常のウェルネスリゾートと同じようなプログラムを期待している場合には、少し物足りないかもしれません。


バンヤンツリー スパサンクチュアリー

バンヤンツリー スパサンクチュアリー の基本情報

Banyan Tree Spa Sanctuary Phuket
住所:50/1 Rajdamnoen Road, Tumbol Sri Phoom, Ampher Muang, Chiang Mai 50200 Thailand
アクセス:プーケット国際空港から車で約25
ウェブhttps://banyantreespa.com/banyan-tree-spa-sanctuary-phuket
宿泊料金をチェックする
バンヤンツリー スパサンクチュアリーのマップ