カフェドノラシン (CAFÉ DE NORASINGHA) バンコクカフェ

カフェドノラシン (CAFÉ DE NORASINGHA) バンコクカフェ

カフェドノラシン

 

美しい離宮パヤタイパレスにあるクラシカルな カフェドノラシン

カフェドノラシン (Cafe de Norasingha)は、BTSアヌサワリー駅近くの戦勝記念塔から歩いて10分ほどのプラモンクットクラオ病院の中にあるクラシカルなカフェです。この病院は、タイ国王ラーマ6世(在位1910−1925年)がかつて暮らしたパヤタイパレスがあった場所で、当時の宮殿は博物館として公開されています。

カフェドノラシンは宮殿の前にある車寄せのそばの小さな建物を改装したものです。ネオクラシカル様式の小さな洋館は、かつての宮殿の装飾をそのまま活かした雰囲気のいいカフェですが、サービスはいたって庶民的です。病院帰りや王宮見学にきたタイ人客でいつも賑わっています。

カフェドノラシン

カフェドノラシン

カフェドノラシン

 

カフェドノラシン の歴史

カフェドノラシン は、ラーマ6世が作ったタイ初のカフェをルーツにしています。ラーマ6世は、ドゥシット王宮の近くに、小さなコンクリート製の建物を建て、一般国民向けのカフェとして使用させていました。カフェは、カフェドノラシンと名付けられ、エレガントな雰囲気にもかかわらず、手頃な値段で美味しい食事やお菓子を提供する場所として評判でした。しかし、ラーマ6世が亡くなり、時代が代わるともにカフェドノラシンは閉鎖されてしまいます。

その後、パヤタイパレスが修復され、博物館として一般公開されることになると、かつて国王に拝謁に来た客人たちの待合所として使用されていた車寄せの建物を、カフェとして利用することになりました。その際、かつてのカフェドノラシンの名前とサービスを継承したのだそうです。(パヤタイパレスについて読む)

カフェドノラシン

カフェドノラシン

カフェドノラシン

カフェドノラシン のメニュー

カフェドノラシンでは、コーヒーやジュースをはじめとする様々なドリンクメニューのほか、かんたんな食事やデザートもサービスしています。クラシック音楽が流れる優雅でレトロなカフェは、その華麗な装飾とはうってかわって、サービスや料金はいたって庶民的で、敷居は全く高くありません。食事は、タイ料理と西洋料理の軽食メニューで種類も豊富です。食事の味は、特別印象的というわけではありませんが、可もなく不可もなく、気軽に安心して頂けます。王宮を見学せず、ただ食事や休憩のためだけに、ふらりと立ち寄ることもできます。

カフェドノラシン
ポークリブのシチュー 130THB(約450円)
カフェドノラシン
タイティー味のクレープケーキ130THB(約450円)

カフェドノラシン

カフェドノラシン の基本情報

CAFÉ DE NORASINGHA

住所:Phya Thai Palace 315 Ratchathewi Road, Thung Phaya Thai, Ratchathewi, Bangkok 10400 Thailand
アクセス:BTSビクトリー・モニュメント駅より徒歩10分(プラモンクットクラオ病院:Phramongkutklao Hospital隣り)
営業時間:9:30~19:00
その他:カフェの中は土足厳禁です。カフェの入り口にある靴箱に入れるか、入り口に置いてある袋に入れて中に持ち込んで下さい。
マップ:

カフェドノラシン (CAFÉ DE NORASINGHA) バンコクカフェ
4.2 (5 票)

Written by

Show Buttons
Hide Buttons