イースタン&オリエンタル ホテル (Eastern&Oriental)

イースタン&オリエンタル ホテル

ペナン島を代表する歴史と格式のある イースタン&オリエンタル ホテル

イースタン&オリエンタル ホテル (Eastern and Oriental Hotel) は、マレーシアのペナン島を代表するホテルです。略してE&Oホテルと呼ばれています。シンガポールのラッフルズホテルを建てたことでも知られるサーキーズ兄弟によって、ペナン島がイギリスの植民地であった1885年に建てられました。エレガントでクラシカルなコロニアル様式のホテルは、アンダマン海に面した海辺にあり、ペナン島の歴史を感じながら、リラックスした滞在が楽しめます。

イースタン&オリエンタル ホテル

海が一望できるプールサイド

イースタン&オリエンタル ホテル

クラシカルなホテルのロビー


世界遺産ジョージタウン散策に便利なロケーション

ホテルは、その歴史的な街並みが世界遺産にも登録されているジョージタウンの中心部に近い場所にあります。ブルーマンションやペナン市庁舎など、ジョージタウンの有名な観光地には徒歩で行くことができます。

ペナン島市庁舎

ジョージタウンにあるペナン島市庁舎

ペナン島ブルーマンション

ペナン島ブルーマンション


E&Oホテルの施設:新旧2つの宿泊棟

E&Oホテルには、開業当初からあるヘリテージウィングと2013年に増築されたビクトリーアネックス(新館)があります。両館とも、客室は全室スイートタイプで、大きなバルコニーからは素晴らしいアンダマン海の眺望が楽しめます。歴史的建造物としてのホテルでの宿泊を重視するならヘリテージウィング、クラシックながらも新しくてモダンなホテルがいいならビクトリーアネックスがお薦めです。

ペナン島 アンダマン海

客室からの眺望

私は、ホテルの予約をする時、どちらに宿泊するかかなり迷いましたが、最終的にヘリテージウィングを選びました。滞在したのは2018年12月でしたが、その後2019年3月からヘリテージウィングの大改装が始まり、2019年12月まで宿泊出来なくなってしまったので、滑り込みで宿泊することができました。

イースタン&オリエンタル ホテル

ベッドリネンに刺繍されたホテルのロゴ

館内には、イギリスの正統派アフタヌーンティーが楽しめる「プランターズラウンジ」や海の見えるプールのそばの「プールサイド・テラス」といったダイニングやバーのほか、タイを代表するホームスパ・ブランド「パンピューリ」が直営する世界初のホテルスパもあります。(パンピューリスパ ペナン について読む)

プールサイド テラス

プールサイド テラス

ペナン島 パンピューリスパ

ホテル内にあるパンピューリスパ


開業当時の面影をとどめたヘリテージウィング

ヘリテージウィングとビクトリーアネックスでは、フロントロビーが全く別の場所にあります。ペナン空港からタクシーに乗ると、タクシーの運転手さんにどちらかと聞かれたので、ヘリテージウィングと答えると、ヘリテージウィングのロビー前に車を駐めてくれました。

イースタン&オリエンタル ホテル

ホテル内の通路

ホテルは美しい白亜のコロニアル様式の建物でした。シンガポールのラッフルズにどことなく似ています。フロントでウェルカムドリンクを頂きながらチェックイン。その後客室に案内してもらいます。館内は少し天井が低めですが、真っ白で優雅なインテリアは、歴史と品格を感じさせられ、落ち着いた気分になります。

イースタン&オリエンタル ホテル

ヘリテージウィングのレセプション

案内されたスイートルームは、広い寝室に時代を感じさせる少し古びた家具が置かれ、上品ではあるけれど、豪華とは言いがたいシンプルな部屋でした。素晴らしかったのは、広いバルコニーと目前に広がるアンダマン海の景色。また、バスルームも古い時代を感じさせるクラシカルなデザインでしたが、バスタブのお湯の出もよく、水周りはきちんと整備されていて、使い心地は問題ありませんでした。

イースタン&オリエンタル ホテル

ヘリテージウィングのプレミアスイート

イースタン&オリエンタル ホテル

プレミアスイートのバスルーム


朝食は新館ビクトリーアネックスで

朝食は、新館のビクトリーアネックスの1階にあるレストラン「サーキーズ」でブフェを頂きます。ヘリテージウィングからは5分位歩きましたが、海沿いの廊下や庭を海を眺めながらゆっくりと歩くのも悪くはありません。新館はやはり新しいだけあって、E&Oホテルらしい落ち着きと上品さを維持しつつも、何となく華やかな雰囲気がありました。

アンダマン海の眺望

ホテルの海辺の遊歩道にある桟橋

サーキーズには、屋内の席のほか、海の見えるテラス席もあります。朝食はブフェのみですが、マレー系のロティ(クレープ)やカレー、中国系の点心など、多民族国家マレーシアらしい多様な料理がずらりと並びます。まるで屋台のように、その場で調理してくれるメニューも多く、結構楽しめました。

イースタン&オリエンタル ホテル

朝食ブフェのマレー料理

サーキーズというレストランの名前は、もちろんホテルの創立者であるサーキーズ兄弟が由来です。アルメニア人のサーキーズ兄弟は4人兄弟なのですが、E&Oホテルのほか、シンガポール、ミャンマーなど、当時東南アジアにいくつものホテルを建て、東南アジアのホテル史においては非常に有名な人物です。ホテル好きな私としては、次回はサーキーズ兄弟によるヤンゴン(ミャンマー)のストランドホテルにも泊まってみたいなぁと密かに狙っています。

イースタン&オリエンタル ホテル

海が見えるサーキーズのテラス席

最後に、シンガポールのラッフルズホテルの宿泊料金が、標準タイプの客室でも1泊6万円近くするのに比べ、E&Oホテルは1泊2万円ほどですから、料金的には非常にリーズナブルであることを付け加えておきます。

イースタン&オリエンタル ホテル

イースタン&オリエンタル ホテル の基本情報

Eastern and Oriental Hotel

住所:10, Lebuh Farquhar 10200 Penang Malaysia

アクセス:ペナン国際空港からタクシーで約30

ウェブ:http://www.eohotels.com

地図: