ケバヤ レストラン ペナン (ニョニャ料理)

ケバヤ レストラン ペナン

ケバヤ レストラン ペナン で洗練されたニョニャ料理ディナー

ケバヤ レストラン ペナン (Kebaya Dining Room) は、マレーシアのペナン島ジョージタウンにあるニョニャ料理レストランです。19世紀に建てられた中国と西洋の折衷式のショップハウスを美しく蘇らせたブティックホテル セブンテラシズ (Seven Terraces)に併設しています。こだわり抜いたお洒落な空間でニョニャ料理のディナーを楽しむことができます。

セブンテラシズ

廃屋だったショップハウスを改装したホテル「セブンテラシズ」

ニョニャとは、ペナン島がイギリスの海峡植民地であった時代に、中国から移民してきてマレー人と結婚して現地化し、通商で財をなしたプラナカンと呼ばれる中国系移民の子孫の女性たちの呼称です。かつてニョニャたちは、莫大な富を後ろ盾に、高い美意識をもった独自の生活スタイルを創り上げました。ニョニャ料理は、中国料理とマレー料理が融合して生まれたオリジナルの料理です。ケバヤレストランでは、オリジナルのレシピを現代的にアレンジし、より洗練された料理を提供しています。

ケバヤ レストラン ペナン

レストランの店内

プラナカン6代目が創り出したこだわりの空間

ケバヤ ダイニングルームを併設するセブンテラシズのオーナーは、プラナカン6代目のクリストファー・オン氏です。日経新聞の太田泰彦記者が著した「プラナカン」(日本経済新聞出版社刊)によれば、オン氏はジョージタウンに生まれ、生粋のニョニャであった祖母とともに暮らしていましたが、オーストラリアに留学し、海外で30年も暮らした後にジョージタウンに帰ってきました。不在の間に変わり果てたジョージタウンを見たオン氏は、幼少時の記憶を元に、プラナカン文化を再構築するプロジェクトを起ち上げます。廃屋となっていたショップハウスを買い取り、類い希な美的センスと思い入れによって、美しいホテルとして蘇らせたのです。

ジョージタウンのショップハウス

ジョージタウンのショップハウス

セブンテラシズに併設するケバヤダイニングルームでは、プラナカンらしい金と黒の色使い、緻密な彫刻や象嵌細工の家具、カラフルなタイルの床が、美しく現代的にアレンジされながらも、当時の華やかなプラナカンのライフスタイルを再現しています。

ケバヤ レストラン ペナン

金と黒の繊細な装飾

美しいニョニャ食器で頂く色々選べるコース料理

ケバヤダイニングルームのディナーのメニューは1種類のコースしかありません。でも、前菜7種類、魚又は肉料理7種類、野菜料理5種類、デザート5種類の中から、好きな物を1つずつ選んで組み合わせることが出来るようになっています。コースの料金は128RM(約3,500円)です。本来のニョニャ料理はもっとスパイシーだったのですが、ここでは外国人客に合わせて辛さを抑えているため、全体的にマイルドでした。とはいえ、アジアらしいスパイスやハーブをたくさん使った非常に濃厚で複雑な味わいは、異国情緒が漂い、とても美味しく頂けました。

ケバヤレストラン メニュー

ケバヤ レストランのメニューはコースのみ

また、料理を盛ったニョニャ食器と呼ばれる美しい模様の食器も魅力です。なんと、オーナーはアンティーク食器のコレクターで、レストランでは全て本物を使っているのだそうです。店内には、多くのアンティーク食器が展示してあるほか、レストランのあるセブンテラシズのアンティークショップにも、数多くのコレクションが展示されていました。

アンティーク食器

本物のアンティーク食器を使用

ニョニャ料理

前菜:ニョニャ風揚げ春巻き

ニョニャ料理

魚料理:エビのカレー

ニョニャ料理

野菜料理:えんどうまめとベビーコーンの炒め物

ニョニャ料理

デザート:米粉のお団子と温かいココナッツミルクのスープ

何もかも細部にまでこだわった目にも口にも満足なディナーでした。次回ペナン島を訪れるときは、このこだわりのブティックホテル、セブンテラシズにも是非泊まってみたいと思います。

ケバヤ レストラン ペナン

ケバヤ レストラン ペナン の基本情報

Kebaya Dining Room

住所: Stewart Lane, 10200 Georgetown, Penang, Malaysia

営業時間:18:0022:00(ディナーのみ、18:00又は20:00を選択、要予約)

アクセス: ペナン国際空港からタクシーで約30分

ウェブ:http://kebaya.com.my

マップ:

ケバヤ レストラン ペナン (ニョニャ料理)
5 (6 票)