ルブション (Le Bouchon):サトーンに移転したフレンチビストロ

ルブション (Le Bouchon):サトーンに移転したフレンチビストロ

歓楽街のフレンチビストロ ルブション

ルブション (Le Bouchon)は、家庭的なフランス料理が楽しめるカジュアルなレストランです。1996年オープンのルブションは、バンコクのフランス料理店では老舗。当初は有名な歓楽街であるパッポン通りにありましたが、2022年にサトーン通りに移転したばかりです。

ルブション サトーン
サトーンに移転したばかりのルブション

パッポン通りは、バンコクで最も猥雑な歓楽街。その真っ只中のゴーゴーバーが立ち並ぶなか、なぜか突然普通のフランス料理店があるのがめずらしく、特にバンコク在住の西洋人には有名なお店でした。

立地はともかく、リーズナブルに美味しいフランス料理が食べられるため、お店そのものはとても人気でした。

フランス料理 ルブション
カジュアルで家庭的なフランス料理

コロナ禍にクローズしたルブション

ところが、2020年初頭に始まった世界的な新型コロナウイルスの流行。海外からの観光客が途絶え、飲食店の営業禁止規制が長引くなか、バンコクの多くのお店が持ちこたえることが出来ず、クローズしてしまいました。

賑やかだったパッポン通りは、ゴーストタウンのように静まりかえってしまいました。2021年にルブションも閉店。1996年以来の長い歴史に幕を下ろしてしまったのです。

パッポン通り
コロナで歓楽街パッポン通りはゴーストタウンに

サトーン通りの一軒家レストランに変身

しかし、閉店を惜しむファンの期待を裏切ることなく、ルブションは2022年5月にサトーン通りに移転して再開。不死鳥のように蘇りました。

早速訪れてみると、新しいお店があるのは、ビジネス街サトーン通りの裏手にある閑静な住宅街。これまでのちょっと怪しげなイメージからは一転して、お洒落な一軒家の明るい雰囲気のレストランに変身。

新しいお店は明るい雰囲気の一軒家レストラン

広いテラス席もあって、家族連れでも、ペット連れでも楽しめそうです。オープンして間もないのに、すでに多くのお客さんで賑わっていました。

ルブション テラス
広いテラス席ではペット連れで食事が楽しめる

家庭的でカジュアルなフランス料理

ルブションは本格的なフランス料理店ですが、高級感や気取った感じは全くありません。家庭的な料理をみんなでワイワイ楽しめるビストロスタイルです。ワインも料理もリーズナブルなので、普段使いにぴったり。一品の量が多めなので、取り分けて食べた方がいいでしょう。

ルブション バー
ワインもリーズナブルでうれしい!

特におすすめは、大晦日や結婚式など、特別な日に食べる伝統的なフランスのオニオンスープ。一緒に行ったフランス人の友人が真っ先に注文していたので、少し味見をさせてもらうと、温かくて濃厚でホッとする味わい。

私自身も、以前フランス系のホテルで働いていた時は、よくオニオンスープを食べる機会があったので、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

オニオンスープ
伝統的なオニオンスープは濃厚でホッとする味

ほかにも、パテやビーフタルタル(650バーツ)やエスカルゴ(460バーツ)など、伝統的なフランス料理が本当に美味しい。ワインをぐいぐい飲みながら、たくさん食べてお腹もいっぱい。楽しく食事をすることができました。

久しぶりに食べたフランス名物のエスカルゴ
ビーフタルタル
ボリュームたっぷりのビーフタルタルステーキ

バンコクを代表する歴史あるフレンチビストロであるロブション。コロナに負けずに再出発できただけでなく、さらに魅力的なお店になって、本当によかったと思いました。

パリブレスト
締めのデザートはお馴染みのパリブレスト

ルブションの基本情報

ルブション
LE BOUCHON

住所:50 Sathorn soi 1, thungmahamek sub-district, sathorn district,Bangkok 10120
営業時間:ランチ12:00〜15:00 ディナー18:30〜23:00 (火曜日定休)
アクセス:MRTルンピニ駅より徒歩5分
公式サイト:https://lebouchonbangkok.com/?lang=ja

ルブションの地図

4.8/5 - (6 votes)