Charm Gang :タラートノーイの絶品タイカレー専門店

charm gang

タラートノーイの絶品タイカレー専門店 Charm Gang

Charm Gang (チャームケーン;ชามแกง)は、バンコク中華街の一角にあるタラートノーイ地区の裏通りに佇むに隠れ家レストランです。古いタイ料理のレシピをベースに、繊細で独創的な味わいのタイカレーを楽しむことができます。

Charm Gang
バンコク中華街のタラートノーイ地区の裏通りに佇む隠れ家レストラン

チャームケーンのキッチンで腕をふるうのは3人の若手シェフ。彼らは、バンコクミシュランで一つ星を獲得した実力派タイ料理レストラン「ナーム (Nahm)」の元キッチンメンバーです。ナームで仕込まれた技術とセンスで、当初タイカレー専門店として小さなお店を開きました。

Charm Gang
Charm Gangを率いるのはミシュラン1つ星レストラン出身の3人のシェフ

その後、メニューもお店も拡張されました。現在はカレーだけでなく、幅広いメニューを提供するようになったそうです。

店名の「チャーム(Charm; ชาม)」はタイ語で「大皿」の意味。「ケーン(Gang; แกง)」はタイ語で「カレー、又はスープ」という意味です。Charm Gangの料理は、高級タイ料理店のように繊細で洗練されています。でも、食事のスタイルはいたってカジュアル。一般的なタイ料理のようにに盛ってみんなでシェアします。気取らず気楽に楽しむことができるんです。

Charm Gang
大皿に盛られた料理をみんなでシェアするカジュアルなスタイル

タラートノーイの裏通りに現れるお洒落なお店 Charm Gang

タラートノーイは、バンコクの中華街の南端にある小さな町工場の集まる一角です。最近は古い建物をリユースしたお洒落なカフェがどんどん出来ています。古い町並みの中に突如としてお洒落なお店が現れ、散策スポットとして大人気です。

タラートノーイ
散策が楽しいタラートノーイ地区

チャームケーンも細い路地に突然現れるお洒落なレストランです。店内のインテリアは、タイの工芸品をセンスよく採り入れています。壁に飾られたタペストリーは、よく見るとタイの手織りのゴザをアレンジしたもの。でも、織り込まれた模様や色使いが現代的で、新しさを感じさせます。

当初は小さなお店だったそうですが、今は拡張されて広くなっています。それでも、予約をしておかないと座れないほど、大人気のお店なのだそうです。

Charm Gang
タイの手工芸品をセンスよく取り入れたモダンな店内

伝統的なレシピを洗練させた繊細なタイ料理

Charm Gang を紹介してくれたのは、私のタイ人の友人です。彼女は、特に料理にこだわりのある友人でした。「最近はこのお店ばっかりなのよ・・・。」そう言いながら、私をお店に連れていってくれたのです。メニュー選びも友人にお任せしました。

チャームケーン メニュー
メニュー選びはタイ人の友人におまかせ

前菜はタイ風カナッペを注文。サクサクのシェルの中身は、様々タイハーブを絡めたブルークラブ(カニ)。見た目は西洋料理のようです。一口食べると、タイハーブとココナツミルクで和えたその複雑で爽やかな味わい。これはまぎれもなくタイ料理。「このレストランはただものではない」とすぐ感じました。

タイ風カナッペ 前菜
前菜のタイ風カナッペが絶品!次の料理への期待が高まる(พิมพ์ทองปูม้า 150B)

美しいピンクの花糸のヤム

「タイカレーがメインのお店だけど、実はヤム(スパイシーサラダ)がとても美味しいの。」友人はそう言って、ヤムを一品注文しました。出てきたのはイカのグリルとタイ語で「チョムプー」と呼ばれるローズアップルの花の鮮やかなピンクの花糸(ケーソーン)のヤム。

ピンクの花糸と一緒に和えたイカは、絶妙な火加減でグリルされていました。火が通っているのに、生のような透明感も残っていて、コリコリとした食感がたまりません。ヤムのソースも、爽やかな酸味と辛味と甘みが、ほどよいバランスで絡み合っていました。

イカとチョンプーのヤム
鮮やかなチョンプーの花の花糸が美しいヤム(ยำเกสรชมพู่กับหมึกหอมย่าง)

お待ちかねのタイカレー2種

メイン料理はカレー(ケーン)2品を注文。ケーン・ランチュアンと呼ばれるナムプリック・カピをベースにしたスープ風カレー。上質なカピ(海老味噌)をパンダンリーフに包んで焼き、香りを出してからクロック(タイの石臼)で細かくし、ナムプリック(カレーペースト)を作るのだそうです。カレーの具は大きな海老とたくさんのハーブ。千切りにした未熟のマンゴーとショウガをたっぷりトッピング。昔風のスープに爽やかさが添えられていました。

ケーンランチュアン
エビ味噌(カピ)の芳香が漂うケーンランチュアン(แกงรัญจวนกุ้ง 490B)

次に焼き魚の入ったココナツミルクのカレー。濃厚でスパイシーでまろやかなカレーにフレッシュなトマトが煮込んであって、爽やかなアクセントを添えています。本当に美味しくてでペロリと完食してしまいました。

ココナツミルクとトマトの組み合わせが絶妙(แกงชีปลาอินทรีย่างกับมะเขือช่อ 450B)

ホタテとポロネギとチャクラーム(ハママツナ)の炒め物は、シンプルな料理なのに、素人が作る炒め物とはかけ離れた美味しさ。シンプルな炒め物でも、これほど美味しくなるのかと驚きました。

どの料理も、基本的なタイ料理の技術とレシピをベースにしながらも、創造的で繊細な味わいで、口に入れる度に唸ってしまうほどでした。さすがミシュラン1つ星レストラン「ナーム」出身のシェフ3人の実力です。

シンプルな炒め物も唸るほどの美味しさ(โฮตาเตะผัดกระเทียมต้นและชะคราม 490B)

デザートは伝統的なタイ菓子の盛り合わせ

最後のデザートは2品。どちらも、タイの昔ながらのお菓子やフルーツをアレンジしたもので、組み合わせも面白くて絶品。昔ながらのタイ菓子「カノムモーケン」は、ライチーのアイスクリームとキャッサバイモの細切りをカリカリに揚げたトッピングで、とっても美味しかったです。

Charm Gang デザート
タイの伝統菓子がお洒落なデザートに!(ขนมชามแกงเผื่อกกับไอติมลิ้นจี่ 190B)

プティフールはカノム・カンレー(ขนมกันแล)というオリジナルのお菓子。フランス菓子のカヌレのような食感で、お花の形が可愛い。最後まで、本当に楽しむことが出来ました。

Charm Gang
オリジナルの可愛いプティフール

再訪間違いなしの素晴らしいタイ料理レストラン

このチャームケーンの一番の良さは、通常ならコース仕立てで出てくるような高級料理店のタイ料理をカジュアルに楽しめる点です。「ナーム」なら西洋料理のように少量ずつコースでサービスされます。ところがCharm Gang は、一般的なタイ料理店と同様、大皿をみんなでシェアしながら食べます。予算的にもリーズナブルで、利用しやすいのも魅力です。

一流タイ料理店の料理をカジュアルに楽しめるのが魅力

この記事を書いていると、 Charm Gang の料理の味をつい思い出してしまいます。またすぐに食べに行きたい!バンコクでもトップクラスといえる、本当に美味しいタイ料理でした。メニューの数は決して多くはありません。でも、季節によってメニューは変化するそうです。再訪間違いなしの素晴らしいレストランでした。

Carm Gang
季節によって変わるメニュー!また絶対行きたい!

早速バンコクのお洒落で美味しいタイ料理レストランのリストにも追加しました。こちらも是非ご参考にしてくださいね。

バンコク タイ料理 レストランバンコク タイ料理 レストラン お洒落で美味しいお店 9選

Charm Gang (チャームケーン)の基本情報

charm gang
Charm Gang Curry Shop (ชามแกง)

住所:14 Soi Nakhon Kasem 5, Talat Noi, Samphanthawon Bangkok 10100 Thailand
営業時間:月曜・火曜 定休
     水曜〜金曜 18:00~22:00
     土曜・日曜 12:00〜14:00 18:00〜22:00
アクセス:MRTフアランポーン駅より徒歩10分
公式FB: https://www.facebook.com/charmgangcurryshop/
4.8/5 - (20 votes)