Jakkajan Seafood (ジャッカジャン シーフード):プーケットの珍味を探して

jakkajan seafood

プーケットのマイカオビーチにあるレストラン Jakkajan Seafood

Jakkajan Seafood (ジャッカジャン シーフード)は、プーケット北西部にあるマイカオビーチのそばにあるシーフードレストランです。マイカオビーチには多くのラグジュアリーなリゾートが立ち並んでいますが、Jakkajan Seafoodはビーチから車で510分走った内陸部のテープクラサトリー通り沿いにあります。とても大きなレストランなので、車で走っていればすぐに見つけられます。

jakkajan seafood

大通りに面しているので見つけやすい

jakkajan seafood

お店の前は車が駐められる広場

Jakkajan Seafoodはローカルなレストランで、プーケットならではの海の珍味が安く美味しく楽しめます。特に店名にもなっているジャッカジャンタレー(セミガニ)のガーリックフライは、一度食べたらやみつきになる美味しさです。私はわざわざ泊まっているホテルから車で30分もかけてこの料理を食べに行きましたが、本当に満足して帰ってきました。

jakkajan seafood

倉庫のようにだだっ広い店内


マイカオビーチの名物ジャッカジャンタレー(セミガニ)とは?

私がセミガニを初めて食べたのは、バンコクの有名な南タイ料理レストラン「ソーン」でした。プーケットのマイカオビーチで採れるカニのフライだと言われて出された料理は、サクサクと柔らかく、かすかに海の香りがしました。特にその食感は忘れがたいものでした。プーケットには何度も行っているのに、初めて聞くセミガニの存在に興味をもち、次回は是非プーケットでこの料理を食べてみたいと思ったのです。

ソーン

バンコクの人気南タイ料理レストラン「ソーン」で初めて食べたセミガニのフライ

調べてみると「ジャッカジャン又はチャッカチャン(จั๊กจั่น)」とはタイ語で昆虫の「セミ」の意味です。セミガニは海を意味する「タレー(ทะเล)」を付けて、「ジャッカジャンタレー(直訳すると海のカニ)」となります。日本語のセミガニと命名方法がなんとなく似ています。余談ですが、カニを意味するタイ語のプー(ปู)が付いたプージャッカジャン(ปูจั๊กจั่น)もあって、こちらは日本ではアサヒガニと呼ばれるもっと大きなカニで、セミガニとは別物です。

マイカオビーチ

プーケット北西部のさらに北にあるローカルなビーチ

プーケットは海に囲まれているため、あちこちにシーフードレストランがあります。観光客向けのレストランやローカル向けのレストランなど、雰囲気もメニューも値段も変わります。私が調べた限り、セミガニのメニューは、主にマイカオビーチの近くにあるローカル向けのシーフードレストランにあるようでした。

セミガニが食べられるお店をいくつか見つけましたが、何よりも店名がずばりジャッカジャンとなっていて、プーケット空港からも比較的近いという理由で、このレストランに行くことにしました。

シーフードレストラン

プーケットにはローカルなシーフードレストランがたくさんある

ソーン バンコク (Sorn Fine Southern Thai Cuisine)


ようやく巡り逢えたセミガニのガーリックフライに感動

私がレストランに到着したのは、午後3時頃でランチタイムをかなり過ぎていました。壁のない倉庫のようなだだっ広いレストランです。お店の前は広い空き地があって、駐車場には困りませんでした。店を入ると入口にまだ生きたままのカニやロブスターを入れた水槽があります。お昼どきではなかったので、広い店内にはタイ人のお客さんが数名しかいませんでした。メニューを開くとずっと探し続けたセミガニのガーリックフライがありました!嬉しくなって興奮気味に即座にオーダーしました。

Jakkajan seafood

ランチタイムを過ぎていたのでお客さんはまばら

お目当てのセミガニだけというわけにもいかず、他の料理も頼まなければなりませんが、ずっとセミガニのことしか考えていなかったので、何を頼んでいいかわからなくなってしまいました。するとお店の人が「イカ墨のトムヤムスープはどう?」と薦めてくれました。イカ墨のトムヤムは以前にも食べたことがある私の大好物です。これもプーケットならではの珍味ですが、このレストランではメニューに載っていませんでした。こちらも即決、あとは海老のチャーハンを頼みました。

ジャッカジャン

セミガニのガーリックフライ(จั๊กจั่นทะเลทอดกระเทียม) 100THB

いよいよお待ちかねのセミガニのフライが運ばれてきました。正式な名前は、ジャッカジャン・トート・クラティアム(จั๊กจั่นทอดกระเทียม)で、直訳するとセミガニのガーリックフライです。タイ風のスパイシーなタレが添えられていましたが、タレを付けなくても十分旨みがあって、サクサクとした感触が楽しめます。

イカ墨のトムヤムスープ

メニューにはないプーケットの珍味イカ墨のトムヤムスープ

イカ墨のトムヤムは、ハーブがたくさん入った酸味と辛味のあるイカ墨のスープに、新鮮で柔らかなイカの切り身がたくさん入っていました。海老のチャーハンもとても美味しく、あっという間に完食してしまいました。お会計は全部でたったの275バーツ(約1000円)。人数に合わせて量を増やしたり減らしたりして、料金も量によってフレキシブルに計算してくれるようでした。

パトンビーチやカタビーチなどの有名なビーチからは少し離れていますが、もしマイカオビーチのリゾートに泊まる機会があれば是非足を伸ばして、ローカルの珍味を楽しんでみてくださいね。あるいは、プーケット空港から近いので、空港の行き帰りに食事に行くのもいいかもしれません。マイカオビーチ周辺のホテルを探す


jakkajan seafood

ジャッカジャン シーフード レストランの基本情報

Jakkajan Seafood Restaurant
住所158 Thepkrasatree Rd, Mai Khao, Thalang District, Phuket 83110 Thailand
営業時間:10:0022:00
アクセス:プーケット国際空港から車で約15
ウェブ:なし
Jakkajan Seafood のマップ