アカラ・スカイ・ハヌマン(Akara Sky Hanuman)バンコク・ルーフトップバー

アカラ・スカイ・ハヌマン

※本サイトの記事には広告が含まれています

バンコクの天空に浮かぶルーフトップバー  アカラ・スカイ・ハヌマン

アカラ・スカイ・ハヌマン(Akara Sky Hanuman)は、2024年4月にオープンしたバンコクのルーフトップバーです。バンコク都心にある61階のオフィスビルの屋上から、ほぼ360度のバンコクの美しい夜景が一望できます。

アカラ・スカイ・ハヌマン
61階のオフィスビルの屋上に突如現れるお洒落なルーフトップバー

タイの伝統文化をモチーフに、プロジェクションマッピングを採り入れた斬新な演出は、まるでバンコクの天空に浮かぶナイトクラブのようなおしゃれな雰囲気。

バンコクにはすでに多くのルーフトップバーがありますが、アカラ・スカイ・ハヌマンは、景色の素晴らしさ、お洒落なデザイン、エンターテイメント性とも、バンコクでトップクラスのルーフトップバーと言えるでしょう。

アカラ・スカイ・ハヌマン
とびきりお洒落なナイトライフが楽しめる

オープンして2週間くらいの時に初めて行った時は、まだ人が少なかったのに、1ヶ月後に行ったら、すでに満席で座れなかったため、とても驚きました!

バンコク サンセット
アカラ・スカイ・ハヌマンから見える素晴らしいバンコクの夜景

アカラ・スカイ・ハヌマンのロケーション

アカラ・スカイ・ハヌマンは、BTSプルンチット駅そばのワン・シティ・センター(通称OCCビル)というオフィスビルの屋上にあります。OCCビルはプルンチット駅のスカイウォークに直結しています。

OCCビルは三菱地所が開発し、2023年に完成。バンコクの日系企業も多く入居しています。

OCCビル バンコク
BTSプルンチット駅からスカイウォークで直結のOCCビル

スカイウォークからOCCビルに到着した場合、ビルの一番奥の奥まで歩いて行きます。突き当たりのロビーからエスカレーターで1階に降りると、ハヌマンの受付カウンターがあります。

OCCビル バンコク
スカイウォークからOCCビルに入り、突き当たりにあるホールで1階に降りる

受付のスタッフにハヌマンに行きたいと伝えると、名前を聞かれ、エレベータに案内されます。

エレベータに乗るとボタンを押す必要はなく58階に到着。オフィスビルのため、セキュリティが厳しいようで、降りる階もスタッフが管理しているようでした。

ハヌマン 受付
OCCビル1階にあるアカラ・スカイ・ハヌマンの受付

58階でエレベータのドアが開くと、プロジェクションマッピングで彩られた幻想的なホール。「This Way Hanuman(ハヌマンはこちら)」と書かれた方向へ歩いて、別のエレベータに乗り換え、最上階の61階を目指します。

アカラ・スカイ・ハヌマン エレベーターホール
プロジェクション・マッピングで彩られた58階のエレベーターホール

タイの伝統叙事詩に登場する「ハヌマン」

エレベーターが61階に到着すると、華やかなドレスのホステスに迎えられます。トンネルのような空間にあるバーカウンターを通り過ぎて、明るい屋外のテラスに到着すると、バンコクの絶景が目の前に広がります。

アカラ・スカイ・ハヌマン
61階のトンネルのような空間とバーカウンター

そして、トンネルのようだと思っていたのは、なんとタイの物語に登場する「ハヌマン」の口の中だったということに気づくのです。

ハヌマンとは、タイの叙事詩「ラーマキエン」に登場するとても有名なキャラクターです。ハヌマンは白猿ですが、とても勇敢で知恵があります。

アカラ・スカイ・ハヌマン
トンネルだと思ったらハヌマンの口の中だった!

ラーマキエンの物語では、主人公のラーマ王子の家臣であるハヌマンが、敵からラーマ王子を守るため、体を大きくして自分の口の中にラーマ王子を匿うシーンがとても有名です。

エメラルド寺院 ハヌマン
ハヌマンが体を大きくしてラーマ王子を口の中に匿うシーン(エメラルド寺院の壁画)

アカラ・スカイ・ハヌマンでは、エメラルド寺院の有名なラーマキエンの壁画を模した装飾がバーの天井に描かれているなど、タイの伝統芸能を大胆にアレンジして採り入れているのも特徴です。

ハヌマン バーカウンター
バーカウンターの天井に飾られたハヌマンの絵

チャオプラヤ川も一望できる超高層ルーフトップバー

アカラ・スカイ・ハヌマンは、メインのテラスが西側にあり、居心地の良いソファ席から、美しいサンセットが楽しめます。

アカラ・スカイ・ハヌマン
居心地の良いソファ席から眺めるバンコクのサンセット

61階のルーフトップバーは、バンコクでもトップクラスの高さのため、周囲に遮るものがなく、かなり遠方まで見渡すことができます。

よく見てみると、はるか彼方にチャオプラヤ川が見え、ワット・アルンアイコンサイアムまで見つけることができました。

バンコク 夜景
はるか彼方に小さく見えるチャオプラヤ川とワットアルン

建物の構造上、完全な全方向型のルーフトップバーではありませんが、四方向からの景色が楽しめるよう工夫されています。

何より、プルンチット周辺でこれほど高層のルーフトップバーは今までなかったため、初めて見る絶景に爽快な気分になりました。

バンコク 夜景
眺めの良さはバンコクでもトップクラスのルーフトップバー

タイ伝統芸能を散りばめたエンターテインメント

アカラ・スカイ・ハヌマンでは、メインのテラスの中央に、巨大なハヌマンの顔があり、その顔をプロジェクトマッピングが彩り、雰囲気を盛り上げます。

ハヌマン プロジェクション・マッピング
ハヌマンの顔を照らし出す幻想的なプロジェクション・マッピング

さらに、タイ伝統芸能をアレンジしたカルチャーショーも見どころ。2024年5月に行った時は、ショータイムは21:30、22:00、23:00の3回でした。

21:30のショーだけ見たのですが、2人のダンサーによるタイの伝統舞踊のショーでした。伝統舞踊といっても、衣装のスリットが深くてとてもセクシーで、かなりアレンジしてあります。

ショーはたったの5分でしたが、ゲストがみんな集まってきて、とても盛り上がっていました。

タイ伝統舞踊 ショータイム
タイの伝統舞踊ショーも人気

ショーを見たいのなら、先に食事をどこかで済ませて、夜8時以降に行くのもいいと思います。

さらに、誕生日などの記念日には、スタッフと伝統衣装を来たダンサーが、本物の花火が付いたワインボトルやカクテルを持って駆けつけ、賑やかにお祝いしてくれるようです。

アカラ・スカイ・ハヌマン
花火付きのワインボトルで賑やかにお祝いしてくれるスタッフ

アカラ・スカイ・ハヌマンのおすすめドリンクと料理

アカラ・スカイ・ハヌマンでは、ドリンク類のほか、簡単な軽食も注文することができます。カクテルでは、お店の方のおすすめで飲んだ「マンハッタン」がとても美味しかったです。

他に、ポメロやライチなど、タイのフルーツを使ったオリジナルカクテルもおすすめです。

オリジナルカクテル
ポメロ(右)、ライチ(左)など、タイのフルーツを使ったオリジナルカクテル

軽食は、タイの屋台料理「揚げフィッシュボール」のほか、創作ロールを3種類注文。創作ロールはどれも美味しかったのですが、特にマンゴーロールが驚きの美味しさでした。マンゴーに醤油が合うとは初めて知りました!

創作ロール マンゴー
真ん中にマンゴーが入った創作ロールが驚きの美味しさ!

ちなみに、ハヌマンの経営者はアカラ・ホスピタリティという、バンコクでハイエンドな飲食店やナイトクラブを経営する企業。料理のクオリティが高いのも納得でした。

私がハヌマンに行ったのは、オープンしてまもない時期で、スタッフの方の説明によれば、今はまだメニューが少ないけど、これから食事のメニューがもっと充実してくるということでした。

フィッシュボール
タイの屋台でお馴染みのウィンナーやフィッシュボール

バンコクのルーフトップバー巡りを楽しみにしている私ですが、今のところ、アカラ・スカイ・ハヌマンが一番のお気に入り。

もう少し早い時間にショータイムがあれば、サンセットもショータイムも同時に楽しめるのに、というのは贅沢でしょうか。

いずれにせよ、すでにとても人気なので、行く時は事前予約が必須ですよ。

アカラ・スカイ・ハヌマン
オープンして間もないのに人気急上昇中!予約は必須です

アカラ・スカイ・ハヌマンの基本情報

アカラ・スカイ・ハヌマン
AKARA SKY HANUMAN
住所:548 One City Center, 61fl. Plenchit Rd., Lumphini, Pathum Wan, Bangkok 10330 Thailand
アクセス:BTSプルンチット駅から徒歩
営業時間:18:00〜深夜2:00
公式サイトhttps://akaraskyhanuman.com

アカラ・スカイ・ハヌマンのマップ

4.7/5 - (6 votes)