コート バイ マウロ コラグレコ (Côte by Mauro Colagreco):カペラバンコク

コート バイ マウロ コラグレコ

カペラバンコクのメインダイニング コート バイ マウロ コラグレコ

コート バイ マウロ コラグレコ (Côte by Mauro Colagreco)は、カペラバンコクホテルにある地中海料理のレストランです。世界的に有名なシェフ、マウロ・コラグレコ氏がプロデュースしています。

オープンして間もない2021年に、ミシュランガイドで見事1つ星を獲得しました。チャオプラヤ川を望むエレガントなダイニングルームで、最先端の美食の世界を堪能することができます。

コート バイ マウロ コラグレコ
チャオプラヤ川沿いのカペラバンコクのダイニング

2020年10月にオープンしたカペラバンコク

カペラバンコク(Capella Bangkok)は、コロナ禍の2020年10月に、世界で4番目のカペラホテルとして開業しました。カペラホテルは、シンガポールのセントーサ島で誕生したラグジュアリーなブティックホテルです。

カペラバンコク
カペラバンコクの宿泊者専用ラウンジ

カペラバンコクは、チャオプラヤ川沿いに建つ全101室の小規模なホテル。全室スイートかビラで、バンコクという大都市にいながらも、リゾート気分が感じられます。

「世界最高級のホスピタリティ」をコンセプトとするカペラホテルのバンコクでの開業のニュースは、バンコク在住者の間でもとても話題になりました。

カペラバンコク
チャオプラヤ川沿いのラグジュアリーホテル

フランスのミシュラン3つ星シェフ マウロ・コラグレコ氏

コート バイ マウロ コラグレコは、イタリア系アルゼンチン人のフランス料理シェフであるマウロ・コラグレコ氏がプロデュースするレストランです。マウロ氏は、地中海沿岸のフランスとイタリアの国境の街マントンにある「ミラズール」というフランス料理レストランのシェフです。2019年にフランスのミシュランガイドで3つ星を獲得しました。また、同年「世界のベストレストラン」で世界一に輝いた話題のレストランです。

ミラズール オリーブオイル
ミラズールの特製オリーブオイルにはコラグレコ氏の顔写真

マウロ氏はベルナール・ロワゾー、アラン・パッサール、アラン・デュカスなど、世界に名だたるフランス料理の巨匠のもとで実力を磨きました。自ら農場を運営し、素材にこだわりながら、シンプルで美しくクリエイティブな料理を創り出しているそうです。

カペラバンコク 菜園
ホテル内の中庭にある菜園

チャオプラヤ川を眺めるダイニングルーム

先日、久しぶりにバンコクを再訪した友人とコートでのディナーに出かけました。コートはホテルの2階にあり、ロビーから階段でもエレベーターでも上がることができます。

ダイニングルームは、落ちついた色使いのエレガントなインテリア。まだ夕陽が沈む前だったので、大きな窓越しにチャオプラヤ川のゆったりした流れが眺められました。優雅な身のこなしのスタッフに案内されて、窓際の景色のよい席に案内してもらいました。

レストランはシックな色調のインテリア

その日の最高の食材を活かすメニュー

コート バイ マウロ コラグレコでは、かつてミラズールのキッチンチームであったイタリア人のダヴィデ氏とフランス人のマルク氏がシェフを務め、マウロ氏の料理哲学を継承しています。

コート バイ マウロ コラグレコ
鮮やかなブルーのショープレート

先日、初めてディナーに訪れました。レストランでは価格に応じて、5品、6品、7品のコースが選べます。今回は予め5品の4100バーツのコースを予約しておきました。

食事が始まると、ホールスタッフが一つ一つの料理を説明してくれるのですが、メニューがどこにも見当たりません。そこで「メニューを見せて下さい」と頼むと「メニューはありません」との答え。その日仕入れる最良の食材に合わせて、献立の内容を変更するからなのだそうです。食材へのこだわりを感じて、料理への期待が高まりました。

アミューズブーシュ
繊細なアミューズの盛り合わせ

アートのような美しい料理たち

セットメニューは、美しいアミューズ7種から始まりました。どれも美しく繊細な盛り付けです。次に4品のメイン料理が続き、最後にデザートとプティフールで終了。

メインの料理の一皿目はフランスから直輸入したという海老料理。大きめの甘海老のように甘くとろりとした食感でした。

海老料理
フランスから輸入された甘くてプリッとした海老

次は生のビーツに軽く火を入れ、キャビアとクリームのソースを添えた一品。フランスのミラズールのシグニチャーメニューなのだそうです。とても美味しく印象的な料理でした。私の撮った写真があいにくボケボケだったため、一緒に行った友人の写真をお借りして掲載しています。

ミラズール シグネチャー ビーツ
ミラズールのシグネチャーメニュー。生のビーツに軽く火を通し、キャビアとクリームソースをかけた絶品。

魚料理は、柚やポメロなど、柑橘系の食材を添え、同じく柑橘系の爽やかな風味のエスプーマを添え、軽やかで繊細な味わいでした。

コート バイ マウロ コラグレコ
柑橘系の爽やかな味わいのエスプーマ

最後のお肉は、焼き加減は聞かれなかったのに、絶妙な焼き具合で、とても柔らかく、ソースもすばらしかったです。

デザートは、なんとパクチーのアイスクリーム。最初聞いたときは、聞き間違いかと思うほどびっくりしましたが、食べてみると意外にも美味しく、さらにびっくりしました。

パクチーアイスクリーム
白いトッピングの下には驚きのパクチーアイスクリーム

グルテンフリーのパンが最高

余談ですが、私はグルテン過敏症のため、パンはグルテンフリーのものを用意してもらいました。パンにはレモンとジンジャー風味のマウロ氏特製のオリーブオイルが添えられます。

一口食べるともっちり、しっとりして、非常に美味しい。友人も一口食べてみて、通常のパンと比較したのですが、グルテンフリーのパンの方が美味しいので、びっくりしていました。今までの経験では、グルテンフリーのパンの方が美味しいなんてことは一度もなかったので、かなり嬉しい驚きでした!

グルテンフリー パン
グルテンフリーのパン(手前)が通常のパン以上に美味しい

この日は、ホテル内で結婚式のパーティーが催されていたためか、食事の途中で窓越しに打ち上げ花火も上がり、ちょっぴり得した気分でした。

現在、バンコクには、世界の名だたるシェフがプロデュースするレストランがいくつもあり、気軽に美食の世界に触れられるのは、本当に幸運なことだと思います。

プティフール
食後のプティフールも可愛くて絶品
J'aimeJ’aime by Jean-Michel Lorain で期間限定メニューを楽しむ

コート バイ マウロ コラグレコ の基本情報

コート バイ マウロ コラグレコ
Côte by Mauro Colagreco
住所:Capella Bangkok, 2nd Floor, 300/2 Charoenkrung Road, Yannawa, Sathorn, Bangkok 10120 Thailand
営業日:水曜日〜日曜日(月曜日と火曜日は定休)
営業時間:ランチ12:00〜14:00 ディナー18:00〜22:00
公式サイト:https://www.cotebkk.com

 コート バイ マウロ コラグレコ のマップ

参考

料理天国. (2021, Sep 6). 美食の羅針盤「ミラズール」. Retrieved from https://cuisine-kingdom.com/maurocolagreco/ (閲覧日:2022, August 7)
4.8/5 - (5 votes)