バンコク ホテル スパ ベスト 10 (2017年版)

バンコク ホテル スパ ベスト 10 (2017年版)
バンコク ホテル スパ ベスト 10 (2017年版)
4.8 (11 票)

2017 バンコク ホテル スパ ベスト 10

2017 Bangkok Hotel Spa Best 10

タイは世界中のスパファンを魅了する世界トップレベルのスパ大国である。タイの文化や自然を採り入れた非日常空間、高品質なトリートメント、細やかなサービス、そして日本に比べたら圧倒的に安い料金。スパ本来の魅力を堪能するには、タイの南部や北部にあるリゾートホテルのスパに行くことをお勧めしたい。しかし、首都バンコクのシティホテルにも、スパ大国の名に相応しい多くの実力派スパが揃っている。


第1位 ペニンシュラスパ バンコク(ペニンシュラ ホテル)

The Peninsula Spa

日本のラグジュアリー ホテルスパでもお馴染みの英国のスパブランド「エスパ(ESPA)」を10年前にタイで初めて導入した ペニンシュラスパ バンコク は、タイのホテルスパを代表する存在として世界的に有名である。ホテルの敷地内にはその魅力を満喫できるスパ専用の別館「ザ ペニンシュラ ウェルネスセンター」があり、スパにかける意気込みは他のバンコクのホテルスパとは一線を画する。(続きを読む
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第2位 テワランスパ バンコク (デュシタニ ホテル)

Devarana Spa Bangkok

テワランスパ バンコクは、タイ資本のデュシタニホテルグループ共通のスパで、2001年に初めてバンコクで開業した。テワランスパ バンコクのコンセプトは、1345年スコタイ王朝時代に記された文学作品に登場する「安らかな世界へ通じる天国の扉」だ。統一されたコンセプトに基づいて、タイの古代文化がモダンかつ優雅に表現されており、100%本物のタイらしさが体感できる。(続きを読む
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第3位 オリエンタルスパ バンコク (マンダリン オリエンタル)

The Oriental Spa Bangkok

オリエンタルスパ バンコク は1994年にバンコク初の本格的なホテルスパとしてオープンして以来、世界中のセレブを迎えてきた。このほど開業後初の大改装を終え、従来の オリエンタルスパ バンコク の魅力であるチーク材を使用したタイの伝統的な建築様式の内装はそのまま、全体的にすっきりとした印象となった。また2016年末には、トリートメントメニューもリニューアルされ、バンコクのホテルスパの大御所オリエンタルスパ バンコク の進化は、決してとどまることがないようだ。(続きを読む
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第4位 オピウム スパ バンコク (ホテル ザ サイアム)

Opium Spa at The Siam

オピウム スパ バンコク は、バンコクのリバーサイドのラグジュアリーホテルの中で、最北部にある「ホテルザ サイアム」内にある。ホテル ザ サイアムは、全室スイートとビラのみ、バンコクにいながら完壁なリゾートスタイルを実現している希有な存在だ。タイを拠点に多くのすばらしいリゾートを手がけた建築家ビル・ベンスリーによる設計で、アールデコ調のモダンで美しいデザインながらタイらしさも満喫できる。(続きを読む
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第5位 バンヤンツリー スパ バンコク (バンヤンツリー ホテル)

Banyan Tree Spa Bangkok

バンヤンツリー スパ バンコクは、タイを代表するリゾートホテルグループであるバンヤンツリーのシティホテル型のスパで、バンコクのビジネス街サトーン通りにある。バンヤンツリー スパは世界各地に展開しているが、1994年にプーケットにオープンしたグループ初のスパが国際的な賞を次々と受賞して以来、そのクオリティの高さとリゾート感あふれるデザインで定評がある。(詳しいレビュー執筆中!)
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第6位 アウェイスパ Wバンコク

Away Spa W Bangkok

アウェイスパ Wバンコク は、Wホテルズグループのコンセプトである、刺激と遊びに満ちた個性的でラグジュアリーな空間を踏襲した非常にユニークなスパである。おしゃれでモダンにデザインされたスパでは、普通のスパではありえないポップス中心のノリのいいBGMや、トリートメント後にハーブティーとともに出されるテディベアの形をしたカラフルなグミなど、様々なサプライズがあり、上質のトリートメントに癒されながらも、わくわくした楽しい気分にさせてくれる。(続きを読む
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第7位 ソー スパ バンコク (ソフィテル ソー ホテル)

So Spa Bangkok

ソフィテル グループのデザイナーズホテルブランド、ソフィテル ソー バンコクは、広大な敷地をもつルンピニ公園のすぐそばに位置する。ホテルの11階にあるソー スパは、スパのレセプションを訪れた瞬間、ガラス張りの壁の眼下に広がるルンピニ公園の豊かな緑と、その向こうに林立するバンコクのビル街の眺めに心を奪われるだろう。昼間はすがすがしいパークビュー、そして日没後はきらめくビルの夜景にとって代わる。ソー スパ バンコクは、おそらくバンコクで最も眺めのいいスパだろう。(続きを読む
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第8位 スパ ボタニカ バンコク (スコータイ ホテル)

Spa Botanica

スパボタニカバンコクは、バンコク都心にありながら広い敷地を贅沢に使用したスコータイホテル内のスパである。スパはホテルの敷地内にあるが、2階建てのスパ専用の別館は周囲に庭もあり、まるで一軒家スパのようだ。タイ発スパプロダクツのトップブランドである「HARNN (ハーン)」の製品を使用したオリジナルのトリートメントが受けられる。(詳しいレビュー執筆中!)
バンコク ホテル スパ ベスト 10


第9位 コモ シャンバラ バンコク(コモ メトロポリタン ホテル)

Como Shamballa Bangkok

DKNYやアルマーニなど、世界の多くのファッションブランドを販売するClub21がプロデュースする、コモホテルグループの共通スパ「コモ シャンバラ」は、スタイリッシュなスパ デザインとクオリティの高いトリートメントで、国際的に評価されている。コモ メトロポリタン バンコクは同グループによるタイ初のシティホテルであり、コモ シャンバラ バンコク はホテルの2階のウェルネスセンターの中にある。オリジナルブレンドの都会的なアロマに包まれた、シンプルでスマートなリラックス空間だ。(続きを読むバンコク ホテル スパ ベスト 10


第10位 スパスタジオ オリエンタル バンコク

Spa Studio By Mandarin Oriental Bangkok

1876年にタイで初めての西洋スタイルのホテルとして創業し、140年の歴史を誇るマンダリン オリエンタル バンコク。格式と伝統を守りつつも、常に最新の技術を採り入れながら、世界有数のホテルとしての地位を築いてきた。2016年には140周年を記念して、開業当初の姿をとどめるガーデンウィングが大改装され、その一角に新しく スパスタジオ オリエンタル バンコク がオープンした。(続きを読む
バンコク ホテル スパ ベスト 10

Written by

バンコク
ホアヒン
サムイ
プーケット
クラビ
Show Buttons
Hide Buttons